敷金礼金ゼロ物件で家賃支払いが遅れ強制退去…こんなのってアリ?

敷金礼金ゼロ物件で家賃支払いが遅れ強制退去…こんなのってアリ?

シェアしたくなる法律相談所

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

賃貸物件などで初期費用を抑えるため、敷金・礼金が一切かからない物件を「ゼロゼロ物件」と呼びます。

敷金は退去の際にかかる費用や、不測の事態で家賃の支払い能力がなくなった際に使われる、いわば保証金のようなものですが、それを排除することで安さをアピールし、入居を促すという物件です。

少々怖い気もするのですが、大抵の場合は家賃支払いの滞りもありません。退去時も常識的な金額の請求が一般的で、初期費用がかからないほうが「魅力的」に映る人もいるようです。

■ゼロゼロ物件の問題点とは?

お得に見えるゼロゼロ物件ですが、その陰で問題も発生する場合もあります。

敷金がないだけに、退去時にそのしわ寄せがくるようで、経年劣化であるにもかかわらず難癖にも思えるような指摘で高額な修繕費を要求されることがあるそうです。

また、家賃の支払いが1日でも遅れると、鍵を交換されるなどして、即日退去を促されるケースがあるそうです。このような行為は非常に悪質で、許されざるべき行為のように思えます。

しかし、不動産会社側は「カギを貸しただけで部屋は貸していない」「契約書に家賃が遅れた場合鍵を交換する」などと明記していることから、違法ではないと主張しています。

このようなゼロゼロ物件での家賃支払い遅れによる鍵交換や強制退去は、違法ではないのでしょうか?

■違法である可能性が高い

借地借家法では仮に家賃の滞納があったとしても一方的に貸主が直ちに借主を追い出すことは認められていません。したがって、ゼロゼロ物件での強引な退去強要は、ほぼすべてのケースにおいて、違法と判断されると思われます。

また、鍵を交換してしまうという行為も、ほぼすべてのケースにおいて(契約書に記載がある場合を含む)、借り主の権利を侵害する違法行為として、見られる可能性が高いと思われます。ただし家賃の滞納をしても追い出されないというわけではありません。

大抵の場合2ヶ月から3ヶ月以上滞納している場合は、裁判所の判断を仰いだうえで退去手続きが取られ、文書などで退去期限を予告したうえ、それを過ぎた場合は強制退去の措置が取られます。これは、ゼロゼロ物件以外でも同様です。

最近はゼロゼロ物件のトラブルも減っているようですが、初期費用が低い分、様々なリスクもひそんでいるのが現状。借りる際は、そのあたりを考慮する必要がありそうですね。

*記事監修弁護士:弁護士?河原ア友太(浦和法律事務所。2017年2月にマンション管理士に登録。ご相談に際しては、ご相談に見える方が、弁護士に何を期待しているのかを見定め、丁寧な事情聴取、解決方法の提案を心がけています)

*取材・文:櫻井哲夫(フリーライター。期待に応えられるライターを目指し日々奮闘中)

【画像】イメージです

*kotoru / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

*マンションの隣の部屋がゴミ屋敷…追い出すことは可能?

*隣人がうるさい…分譲マンションは強制退去させられないの?

*欠陥住宅・欠陥マンションに住んでしまった時にするべきこと

*迷惑なタバコの煙・・・隣人を訴える為に「受動喫煙」を証明する方法

*迷惑なマンションのベランダで喫煙…されたらどうすれば良い?

敷金礼金ゼロ物件で家賃支払いが遅れ強制退去…こんなのってアリ?はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)