サービス業における実態調査で、7割が客から迷惑行為の経験あり 業務妨害罪が成立も

記事まとめ

  • 百貨店などのサービス業における調査で、7割が客から迷惑行為を被った経験ありと判明
  • 迷惑行為の内容には、暴言やセクハラ、説教などの権威的態度などがあるという
  • 暴言などを直ちに罪に当たるとするのは困難も、継続的に行われれば業務妨害罪が成立も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております