ネットへの住所書き込みは違法ではない?その理由とは

ネットへの住所書き込みは違法ではない?その理由とは

シェアしたくなる法律相談所

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

先日、ある有名人が「自分の住所をネットに書き込まれた」として、警察に被害届を提出したものの、受理されなかったことを告白し、話題となりました。

昨今SNSや掲示板などで個人の住所や電話番号が第三者によって書き込まれることは稀にあるだけに、「他人事とは思えない」という声があがっています。

本当に住所などの個人情報をネットに書き込むことは違法ではないのでしょうか? インターネット問題に詳しい法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士に、ご意見を伺いました。

■刑法上違法とはいえない

「刑法上、違法というためには、当然、刑法に違反していることが必要です。

刑法には色々な罪が定められていますが、刑法に定められている罪以外のものについては、罪とされることがないのが原則です。この原則は罪刑法定主義と呼ばれます。

氏名や住所を公開することは、どの刑法上の罪にも当たりません。

このようなことをされると、“名誉毀損だ”と主張する方が多いように感じますが、名誉毀損は社会的評価の低下がなければ成立しません。氏名や住所が公開されても、社会的評価が低下することはないため、名誉毀損が成立することはありません。

今回、警察が被害届を受理しなかったのは、このような理由と考えられ、極めて当然の対応ということになります」(清水弁護士)

■民事上は不法行為となる余地がある

「しかし、氏名や住所はプライバシーとして保護される余地があります。承諾なくプライバシーを公開すれば、プライバシー侵害となり、これは民事上、不法行為ということになります。

したがって、この例でも、氏名や住所を公開した人物に対して、プライバシー侵害として損害賠償請求をする余地があります。ただし、住所や氏名が開示されただけということだと、賠償額としては高くはならないと思われます。

なお、損害賠償請求は、その公開した人物に対してすることが必要です。しかしインターネット上に公開された場合、公開した人が誰かということが分からない場合が多いのではないかと思います。

この場合、発信者情報開示請求という手続きを経てからでないと、損害賠償請求をすることができません。したがって、公開した人の責任追及をしようとしても、少々大変かもしれません」(清水弁護士)

刑法に反していないため警察が被害届を受理しない行為は「当然のこと」なのだそう。しかし、書き込んだ人物を特定することができれば、民事上の不法行為に問うことができる可能性は高いようです。インターネット上に他人の個人情報を書き込むのはやめましょう。

*取材協力弁護士:弁護士?清水陽平(法律事務所アルシエン。インターネット上でされる誹謗中傷への対策、炎上対策のほか、名誉・プライバシー関連訴訟などに対応。)

*取材・文:櫻井哲夫(本サイトでは弁護士様の回答をわかりやすく伝えるために日々奮闘し、丁寧な記事執筆を心がけております。仕事依頼も随時受け付けています)

【画像】イメージです

*Graphs / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

* 転職サイトに虚偽投稿で投稿者名の開示命令…この後どうなる?

* 「朝出社したら会社が無かった」…勤め先が倒産したらするべき5つのこと

* 【連載第1回】後悔しない離婚「妻と夫、立場が強いのはどっち?」

* 悪質なクレーム…どこからが犯罪?

* 「誰にも相談できない…」美人局被害に遭ったらどうすればいい?

ネットへの住所書き込みは違法ではない?その理由とははシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)