海外で運営されているオンラインカジノで遊ぶのは合法なのか?

東京オリンピックに向けて、日本のカジノを合法化する動きがあります。ギャンブルが好きな方にとってはうれしいニュースですよね。筆者としてはぜひ実現して欲しいところではありますが、現状日本でギャンブルは厳しく取り締まられています。

日本にいながら、運営元が海外のオンラインカジノでギャンブルをするのは法律的にセーフというのが今までの通念だったようですが、2016年に全国初めての逮捕者が出てしまいました。一体なぜなのでしょうか?

この記事では、海外で運営されているオンラインカジノで遊ぶのは合法なのか?その疑問に迫りたいと思います。

日本の場合、賭博(ギャンブル)は違法

日本には『賭博罪』という罪が存在し、国が認めている競馬・競輪・競艇・オートレース・パチンコ・宝くじなど以外は基本的に禁止されています。

例にもれず、日本で運営されているオンラインカジノでギャンブルをすることは違法であり、見つかれば賭博罪で逮捕されてしまいます。

海外のオンラインカジノで遊ぶ場合、その国の法律が適用される

日本人が海外で罪を犯した場合に、日本の法律で裁くかどうかは刑法第3条で定められています。賭博罪は第3条に該当しないので、ギャンブルを認めている国で遊ぶ分には逮捕されることはありません。

ついに海外のオンラインカジノ利用者が逮捕された

2016年3月、京都府警は単純賭博の容疑でオンラインカジノ利用者3人を逮捕しました。(参考:産経WEST|ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警)

容疑者が利用していた『スマートライブカジノ』は、イギリスのオンラインカジノです。今回、なぜ逮捕に至ったのでしょうか?

海外のオンラインカジノで遊んでいた日本人が逮捕されたのはなぜ?

星野先生:刑法は、単純賭博罪や常習賭博罪の他、賭博場開張の罪を処罰しています。オンラインカジノの運営会社が海外にあって、国内でまったく活動がない場合、運営会社が主催者として賭博の運営を処罰する賭博場開張罪が適用されることは基本的にありません。しかし、利用客が国内で遊んでいる場合は、当然、単純賭博罪が適用されます。

「海外で運営されているオンラインカジノで遊ぶことは海外旅行先でカジノを楽しむのと同じ扱いになるから国内にいても大丈夫!」という理解は間違いなのですね。

*取材協力弁護士:星野宏明(星野・長塚・木川法律事務所(旧星野法律事務所)。不貞による慰謝料請求、外国人の離婚事件、国際案件、中国法務、中小企業の法律相談、ペット訴訟等が専門。)

*取材・文:アシロ編集部

【画像】イメージです

*bee / PIXTA(ピクスタ)

海外で運営されているオンラインカジノで遊ぶのは合法なのか?はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)