【実録|弁護士は見た!】風俗店の女性に金を渡し店の外で会うよう強要する男

【実録|弁護士は見た!】風俗店の女性に金を渡し店の外で会うよう強要する男

シェアしたくなる法律相談所

風俗店で勤務する女性から、

お客さんとして店に来た男性から「生活を援助したい」という申し出があり、金銭を受領した。

しかしその後、「店を辞めろ」「自分と店の外で会え」などと迫られて困っている

というご相談を受け、弊所が介入いたしました。

男性の行為は、お金を貸したわけではありませんから「贈与契約」に該当いたします。

そのため、原則として返還を求めることはできません。

また、お客さんからお金を受け取った行為は、お店の従業員としての行為としては問題があるかもしれませんが(雇用主であるお店からは何らかの処分を受ける可能性もあります)、お客さんとの関係では法的に問題があるわけではありません。

当職からは上記の旨を男性に伝え、「お金を返すことはできないし、店を辞める義務はない、また店の外で会うことはできない」と話をしました。

男性の話を聞くと、

「最初は良心から援助を申し出たが、援助を続けるうちに、自分をもっと特別視してもらいたいという気持ちが強くなり、行き過ぎた行動に出てしまった」

とのことでした。

男性との間で、

今後接触をしないこと第三者に口外しないこと女性との貸し借りがないこと

以上を確認する合意書を取り交わして本件の対応を終えました。

今回のケースでは比較的冷静に話をすることができましたが、感情的になっている相手との話し合いはこじれることも多く、ストーカー化するなど事態が悪化していくこともございます。

お店に相談できず、またご家族にも相談できない事案である可能性が高く、自分一人で抱えているうちに、収拾がつかなくなるなんてことにもなりかねません。

風俗店やキャバクラなどの飲食店でお勤めのキャストの方で、お客さんである方と個人的なトラブルを抱えてしまったときには、早めに弁護士にご相談いただく方が良いかと思います。

*執筆弁護士:若井 亮(若井綜合法律事務所。「迅速対応」「分かりやすい説明」「徹底した報告」をモットーとしている。不当要求への対応、詐欺被害への対応を多く経験している)

*画像はイメージです(pixta)

【実録|弁護士は見た!】風俗店の女性に金を渡し店の外で会うよう強要する男はシェアしたくなる法律相談所で公開された投稿です。