「ベッキーかと思った!」高梨沙羅のさらなる“垢抜け”に驚きの声

「ベッキーかと思った!」高梨沙羅のさらなる“垢抜け”に驚きの声

画/彩賀ゆう

4月20日、女子スキージャンプの高梨沙羅選手が、所属している『クラレ』本社で報告会を行った。その姿がネット上で、「ベッキーみたい!」と話題になっている。



高梨は今期のノルディックスキー・ジャンプW杯にて、個人2位として表彰台に上がっている。その際、男女を通じて歴代最多の表彰台回数109回≠記録。今回行われた報告会では、表彰台登壇回数がギネス世界記録として認定されたことを話したようだ。


高梨はギネス世界記録の盾を披露し、「ひとつひとつの大会をこなしてきて、気が付いたら109回になっていました。これからも、人に喜んでもらえるジャンプでもっともっと記録を伸ばしていきたい」とコメントしていた。


ギネス認定で話題になったことで、高梨に対する祝福のコメントが殺到。実際にネット上では、


《夢に向かって頑張っている姿はすごく素敵です!》

《24歳にして、W杯の最多勝利と最多表彰登壇回数の記録持ってるって恐ろしい…》

《同い年の女性として、もっと自分も頑張らなくちゃ!と思えました。おめでとう!!》


といった声が続出していた。


高梨沙羅の“垢抜け”に賞賛の声続出

しかし祝福コメントを上回っていたのが、高梨の垢抜け具合≠ノ関するコメント。


《パッと見、ベッキーじゃん! めちゃくちゃかわいい!》

《普通に美人で驚いた》

《めっちゃかわいくて二度見した》

《自己プロデュースうまくて尊敬する。今までは男性ファン多かっただろうけど、これは女性ファン付きそうだな?》

《15歳くらいの時から見てるから尚更だけど、女性の変わりようには驚かされるよね》

《すっごい垢抜けてて、女性の私からみても美しい!》

《お肌つるっつるでメークもスポーツも頑張ってるって、凄すぎだよね》


といった美容やメークに関する賞賛コメントが相次いでいる。


「高梨がメディアへ姿を現すたびに、彼女の美意識の高さ≠ェ注目されています。2016年8月には、日焼け止めブランド『アネッサ』が高梨とのスポンサー契約を締結。高梨の目標達成に向けて真剣に取り組む姿はもちろんですが、日ごろから紫外線対策や美容へ高い意識を示していることが契約の決定打になりました。また昨年の新型コロナの影響による外出自粛期間には、個人動画として自宅でのトレーニング動画を公開。室内で行えるストレッチ方法やヨガなどを披露し、美容や健康に気を使っている様子が伺えました。」(芸能ライター)


競技だけでなく、美容やメーク面でも女性の目標として輝き続けてほしい。


関連記事(外部サイト)

×