ドナルド・トランプはタイムトラベラーのジョン・タイターだった!?

ドナルド・トランプ氏に、タイムトラベラーのジョン・タイター氏と同一人物説

記事まとめ

  • タイムトラベラーのジョン・タイター氏の正体はトランプ氏ではないかとの説が出ている
  • トランプ氏は未来の核戦争を見てしまい、過去に戻り未来を変えようとしているという
  • 精神分析家がトランプ氏とタイター氏の発言を分析すると『ほぼ同一人物』だったらしい

ドナルド・トランプはタイムトラベラーのジョン・タイターだった!?

ドナルド・トランプはタイムトラベラーのジョン・タイターだった!?

(C)Shutterstock

タイムトラベラーのジョン・タイターは、2036年から2000年にやってきて、36年までに体験してきた歴史をインターネット上に書き込んだとされる人物だ。


そのタイターが、アメリカ大統領選挙に出馬しているドナルド・トランプではないかという噂が出ている。



「タイターは2000年11月にアメリカの大手ネット掲示板に登場しました。未来から来た証拠やタイムトラベル理論、多くの予言を書き込み、2001年3月に『任務を完了した』という言葉を最後に消息を絶っています。多くの予言ははずれていますが、それはタイターが事前に『私が書き込んだ時点で未来が変わる』と書いてあります。悪い未来を変えることが任務だったという説もあります」(オカルト事情通)


さらにオカルト陰謀論者はこう語る。


「その“悪い未来”とは、イスラム国及びロシアとの核戦争のことです。アメリカは、ISとロシアとの全面戦争に突入し、核爆弾を打ち合うという最悪の予言がある。タイターはトランプとして過去にやってきて、過激な発言で注目を集めることで未来を変え、核戦争を回避しようとしているんです」


2002年に、トランプの叔父で科学者のジョン・トランプ氏は、タイムトラベルができるようになったと宣言した。


「ドナルド・トランプがジョン・トランプの元でタイムトラベルを教わり、ジョン・タイターとして未来へタイムトラベルしたのです。そして、悪夢のような未来の核戦争を見てしまい、何とか過去に戻って少しでも未来を変えようとしてるんです。トランプが過激な発言を繰り返し、注目を集めているは未来を変えるために他ならないのです」(同陰謀論者)



トランプ氏は過去に、ジョン・ミラー、ジョン・バロンなどの偽名も使用し、隠密活動してきたが、ISの力をそぐことができなかった。そこでジョン・タイターとしてネットで活動したのだという。


陰謀論者が、精神分析家にトランプ氏の発言とジョン・タイターのネットでの書き込みの分析を依頼したところ、「率直さ、粗野ぶり、攻撃性などからして、ほぼ同一人物である」という結論になったという。


「どんなにトランプが嫌われようが、彼に注目が集まれば集まるほどタイムラインが変わり、世界核戦争という事態も避けられる可能性が高まる。彼は大統領になるつもりはなく、歴史的人物になることで未来を変えようとしているんです」(同)


トランプは実は救世主だったのだろうか。

関連記事(外部サイト)