ネット上で「800年前の携帯電話」と拡散した物の正体が明らかに

ネット上で「800年前の携帯電話」と拡散した物の正体が明らかに

ネット上で「800年前の携帯電話」と拡散した物の正体が明らかにの画像

この2年間、インターネットを騒がせてきた“800年前の携帯電話”の真相が明らかになった。


2015年9月にオーストリアのザルツブルグ、フシュル・アム・ゼーにある遺跡発掘現場から、携帯電話のようなものが出土されたとして話題になった。13世紀の地層にあった遺跡であっただけに、800年前に携帯電話があったのか!? と世界に衝撃が走った。


確かに一昔前の携帯電話のように、ディスプレーのようなものと12個の押しボタンのようなものがある。ボタンに刻まれた文字は楔形文字のようで解読不能。メカっぽさはなく、化石を彫って作ったかのようなものだ。


陰謀論者からは「楔形文字は紀元前3000年のシュメール文明のもの。シュメール文明で開発された携帯電話を、後世になって粘土でコピーしたものじゃないか?」、「シュメール文明はイラン・イラクあたり。オーストリアとは離れている。だったら地球に来たエイリアンが、その当時落としたものじゃないか?」などの声が出ていた。


一方でオカルトマニアは、「楔形文字は13世紀には伝わってなかったわけだから、シュメール時代にすでにタイムトラベル技術があって、タイムトラベラーが13世紀に落としたものじゃないか?」、「タイムトラベラーが持っていた携帯電話を見た当時の人が、石を彫って再現したんじゃないか?」と複雑な推測をしている。


ところが、この1月になって、イギリスのウェブメディア『エクスプレス』が真相を暴いた。「ドイツの芸術家カール・ワインガルトナーが作っ た芸術作品だった」と報じたのだ。


ワインガルトナー氏は「私がこの粘土の携帯電話という作品を作りました。ウェブにアップしたその画像が誰かに勝手にコピーされ、“エイリアンの携帯電話”として世界中に広がったんです」と明かす。


芸術作品を捏造オカルトに仕立てたのは誰か? 最初にこの画像をウェブメディアで扱ったのは『パラノーマル・クルーシブル』というサイトで、同サイトは「マリーという人物がユーチューブに『オーストリアで発掘されたエイリアンの電話だ』とアップしていました」と言う。さらにマリー氏をたどると、同氏は「芸術作品とは知りませんでした。私もネットの画像スレッドで拾っただけです」とコメントした。


ドイツの芸術家の粘土作品が、隣国オーストリアの土中から出土したことになるとは。まるで伝言ゲームのような結論だ。


?


関連記事(外部サイト)