初夏の野菜「ゴーヤ」を使ったおいしい料理

これから夏にかけて旬を迎えるゴーヤ(ニガウリ)。いまではどこのスーパーでも売っている定番の野菜になった。トマトの5倍のビタミンCが含まれており、ほかにもビタミンB、葉酸、鉄分、カリウムなどのミネラルが豊富だ。むくみ解消や疲労回復にぴったりの食材である。


ゴーヤは苦味が特徴だが、それが苦手な人はゴーヤの苦味を感じなくさせる調理法がおすすめだ。縦半分に切り、ワタを取り、薄くスライスするときに、薄ければ薄いほど苦味が抜けやすくなる。また、スライスしたものを塩もみすると、さらに苦みが抜けて食べやすくなる。


レシピで《ワタが苦いのでしっかり取る》と書いてあったりするが、苦み成分はワタではなく、緑色の部分にある。ワタはそれほど神経質に取らなくてもよい。


?


チャンプルー以外にも色々な料理に

塩もみ以外にも、油を合わせたり、かつお節などのうまみ成分と合わせると、苦味を感じにくくなる。ゴーヤチャンプルーはゴーヤ初心者にはぴったりの調理法だ。フライパンに油を熱し、豚肉を炒め、塩もみしたゴーヤ、手でほぐした木綿豆腐を加えてよく炒める。砂糖を少々加えると、さらに苦味も和らぐ。味付けは、和風顆粒だしや、塩、こしょう、醤油などシンプルで大丈夫。好みでごま油を加えてもいい。最後に溶き卵でかるくとじれば完成。器に盛り付けたらかつお節をたっぷりかけよう。


ゴーヤチャンプルー以外にも、5ミリの厚さに切ったゴーヤをフリッターにしたり、薄く小麦粉をはたいて油で揚げてゴーヤチップスにしてもいい。酒のつまみにもなる料理だ。


また、フライパンで薄切りにしたゴーヤを炒めてから、醤油、みりん、砂糖、酒で味付けして煮詰め、佃煮にするのもおすすめ。作り置きのおかずにもなる一品だ。


?


[画像]


YUMIK / PIXTA(ピクスタ)


[いっしょに読みたい]


※ タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?


※?新婚の菊川怜に危惧される「米倉涼子化」


※ 小倉優子「お金好きです」と本音をこぼすも好感度は急上昇


初夏の野菜「ゴーヤ」を使ったおいしい料理はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)