2018年はテロの年!? 美人予言者姉妹の見通しは…

2018年はテロの年!? 美人予言者姉妹の見通しは…

(C)Shutterstock

9.11のアメリカ同時多発テロなどを予言した一卵性双生児の美人予言者が、2018年の大予言を公開した。その予言方法は、イギリスのダイアナ公妃やマイケル・ジャクソンなど、亡くなった有名人たちと交信し、未来の情報を聞き取るものだという。



オカルト界で“サイキック・ツインズ”として有名なテリーとリンダのジャミソン姉妹は、2017年に地震やハリケーン、銃撃事件などを数十件的中させており、来年については「これから数年続く混沌の始まりです。テロはますます激化します」と指摘した。さらに「ISとアルカイーダのテロが欧米大陸だけではなく、ほかの大陸でも頻発するでしょう。テロ組織の幹部がなくなり、統率を失うほどテロは増えます」と語る。


テロ組織が分散化し縮小するなか、テロのやり方は爆発物を製造するなどではなく、誰もが簡単に実行できてしまうやり方にシフトするとし、「市場やショッピングセンター、礼拝堂、学校、スポーツイベント、ホテル、コンサート会場、空港など、たくさん人が集まる場所にトラックやトレーラーで突っ込むやり方が主流になる」とも言う。


?


北朝鮮問題についても予言

また、北朝鮮問題については、「アメリカと北朝鮮の緊張は続きますが、ドナルド・トランプが大統領のあいだは北朝鮮が核ミサイルを発射することはなく、第三次世界大戦が起こることもないでしょう」としている。


ただし、それよりも懸念されるのは世界を襲う自然災害で、「地球が大変動しています。ハリケーン、大規模洪水が世界を襲います。特に危険なのはアメリカ。ハリケーンはアメリカの沿岸を襲い水没するでしょう」とのこと。


ジャミソン姉妹の予言は的中するのか。


?

関連記事(外部サイト)