茶色づくし! 肉をガツガツ食べられる“愛されコンビニ弁当”を実食

茶色づくし! 肉をガツガツ食べられる“愛されコンビニ弁当”を実食

茶色づくし! 肉をガツガツ食べられる“愛されコンビニ弁当”を実食の画像




疲れた時やスタミナをつけたい時には、ガッツリとお肉を食べたくなるもの。とはいえ、普段は彩りや栄養のバランスを気にしてしまい、肉だけのメニューにする機会は少ないだろう。



そこで注目したいのが、大手コンビニから新発売されたミート弁当。生姜焼きやハンバーグ、牛肉コロッケなどの具材がてんこ盛りで、野菜はほとんど入っていない…。常識をくつがえす愛されお肉メニューを、いざ実食!


お肉×ご飯のウマさにノックアウト!




まずは1月19日にセブン-イレブンから発売された、『まんぷく! ミックスグリル』からお味見。気になるお肉はおろし大根ソースのハンバーグ・極太ソーセージ・チキンの3種類。おまけのように、パスタとポテトサラダが入っている。野菜はポテトサラダだけなので、胃もたれしてしまわないか心配だが、早速ハンバーグから食べてみよう。



おろし大根をたっぷりつけて頬張ってみると、ジューシーでびっくり! 玉ねぎの食感がほのかに残っており、パサつきや口の中でごわごわする感じもない。おろし大根のさっぱりとした風味がハンバーグにマッチしていて、ご飯がどんどん進んでしまう。



もう一点注目したいのは、ご飯のおいしさ。炊き立てのように真っ白なお米は硬くもなくやわらかすぎず、絶妙なふんわり具合が感じられた。家で炊くご飯よりもおいしいレベルなので、「セブンのご飯は釜で炊いているのか?」と疑問に感じてしまう。咀嚼するごとに甘くなるお米は、もちろんソーセージやチキンと相性抜群だ。


採算度外視!? お肉が大量に乗った絶品弁当




1月19日にローソンから発売された『肉モリモリ弁当』は、とにかくお肉の種類が多い。ご飯の上には豚肩ロースの生姜焼きが乗っており、チキンカツ・唐揚げ・ヒレカツ・コロッケ・スパゲッティがボリューミーに盛りつけられている。まずは豚肩ロースの生姜焼きから食べていくとしよう。



4、5枚乗っているうちの1枚を食べてみると、タレがロースに染みこんでいて想像よりも濃い味つけ! ご飯にもタレがまんべんなくかかっているため、最後まで多幸感に包まれたまま完食できる。また肉厚なので、数枚食べただけで満足のいくボリューム感となっていた。



さらに、チキンカツが大胆に入っている点もお肉好きとしては見逃せない。コロッケやヒレカツが半分サイズになっているのに対し、チキンカツは4カット分も入っている。生姜焼きとチキンカツの二大巨頭があるおかげで、ご飯を余らせることなく完食できた。


今回取り上げた商品

「まんぷく! ミックスグリル」(セブン-イレブン)……942kcal

「肉モリモリ弁当」(ローソン)……1093kcal


意外かもしれないが、2つの商品は共にペロッと完食できるほどのボリューム感。ご飯とおかずの量が絶妙に調整されているので、どちらかが余ってしまうこともない。たまには欲望のままに、無心でお肉を頬張ってみてはいかがだろうか?

※商品は地域や店舗によって取り扱いがない場合があります。


文=g野アン

写真=g野アン(まいじつエンタ)