上原浩治が“巨人のエース”を痛烈ディス?「チャレンジ詐欺」と批判した選手とは

元メジャーリーガー上原浩治氏がユーチューバーに 菅野智之をチャレンジ詐欺と批判か

記事まとめ

  • 元・メジャーリーガーの上原浩治氏は、引退した今はユーチューバーとして活動している
  • 上原氏は藤川球児氏と、NPBは長期契約や巨額の契約が多いことについて踏み込んだ
  • 動画の中で藤川氏は「チャレンジしている詐欺の人は結構いますけどね」とコメント

上原浩治が“巨人のエース”を痛烈ディス?「チャレンジ詐欺」と批判した選手とは

上原浩治が“巨人のエース”を痛烈ディス?「チャレンジ詐欺」と批判した選手とは

上原浩治が“巨人のエース”を痛烈ディス?「チャレンジ詐欺」と批判した選手とはの画像

『読売巨人軍』や『ボストン・レッドソックス』などで活躍した元・メジャーリーガーの上原浩治。引退した今はユーチューバーとして活動しているが、そんな彼が2月16日に更新した動画が、野球ファンの間で物議を醸しているようだ。



話題になっているのは、YouTubeチャンネル『上原浩治の雑談魂』に投稿された『【なぜ巨額&長期契約が流行!? パリーグの方が先進的!?】藤川球児とプロ野球の契約について深〜く語りました【球児浩治SP】』という長いタイトルの動画。そこで上原と元プロ野球選手の藤川球児が、日本プロ野球(NPB)は長期契約や巨額の契約が多いことについて、独自の観点で踏み込んでいった。


動画の中で藤川は、プロ野球選手について自身の辞め時を理解している人物が、驚くような成績を残すと持論を語っていく。さらに「新たな環境に変わってもチャレンジするとか。チャレンジというのは勝負かけてる人じゃないとしないんで、チャレンジしている詐欺の人は結構いますけどね」とコメントした。



チャレンジ詐欺の人物は菅野智之

これに上原がとある人物≠フ名前を挙げたのだが、編集で自主規制音が被せられてしまっていた。しかし動画の視聴者からは、


《菅野智之さんしかおらんやん》

《この文脈で他を想定しろ、ってのは無理あるわな》

《上原こんなネチネチしたやつだっけ?》

《いつまで経ってもガキだよねこの人。敬遠指示されて号泣してた頃から1ミリも成長してない》

《菅野の事ネチネチ言って非難浴びた後に、仲を裂くような記事は止めろって批判した後にこれかいw》

《やっぱり菅野はダサいって思ってたんですね上原さん》


などと、巨人のエース・菅野智之投手の名前をあげたのではないか…という推測が続出している。


菅野は2021年1月にメジャーリーグへの移籍の話が出た際、球団が提示してきた金額が希望額に届かず、ポスティングが不成立。巨人に残留していた。たしかに野球に詳しい人物なら菅野のことを思い浮かべただろう。


上原はポスティングの話題を動画で取り上げる度に、菅野との不仲説が囁かれている。真偽は不明だが、変に忖度せずに名前を出してもらいたいものだ。


【画像】


New Africa / Shutterstock

関連記事(外部サイト)