引き出物よりカレが欲しい!友達の結婚式で「モテまくる方法」3つ

引き出物よりカレが欲しい!友達の結婚式で「モテまくる方法」3つ

記事画像

結婚式が多いと言われるこのシーズン、女友達の結婚式に招かれているという人も少なくないでしょう。友達の結婚式、家に持って帰るのは感動と引き出物だけで十分ですか? どうせならば“幸せのおすそわけ”もいただきたいところですよね。そこで今回は、友達の結婚式で男性と“お知り合い”になれる方法についてみていきたいと思います。

1:余興にはノリノリで参加するべし
過去に『Menjoy!』が500人の男性を対象に「結婚式の二次会などで気になってしまう女性の特徴について教えてください」という調査を行ったところ、「テンションが高めでノリがいい」、「話しかけやすい雰囲気」という回答が寄せられていました。

男性も結婚式や二次会ではその場にいる女性に声をかけたいと思っているのです。しかし新郎新婦のメンツもあるので、なかなかナンパのような声かけはできないんですね。

女性のノリがよく気軽に声をかけやすいような雰囲気であれば、男性も他人の目を気にせず自然に話しかけることができるようになります。

二次会の余興やゲームなどに積極的に参加すれば、それがきっかけで男性に声をかけてもらえるかもしれませんよ。

 
2:魔法の言葉「あとで連絡先交換しましょう」
結婚式や二次会の最中に知り合った男性と、その場で携帯電話を取り出して連絡先を交換するなんて、ちょっと不作法ですよね。しかし、せっかく男性と連絡先を交換できるチャンスがあるのに、それをみすみす逃してはいけません。

連絡先を交換したいけどちょっとそういう雰囲気じゃないなあ……という場合は、「あとで連絡先を交換しましょう」という魔法の言葉を使いましょう。

こちらから「あとで」という言葉をかけることで、男性も「これは脈アリかな?」と勘違いしてくれるので、ほぼ確実に、後でもう一度あなたに近寄ってきてくれます。

 
3:解散してもその場で待機!
席が決まっていてあまり交流できない、物静かな雰囲気のパーティだった場合、男性とふれあう機会は少なくなってしまうかもしれません。でも、大丈夫です。あなたと同じように、男性の中にも騒ぎたいと考えている男性はいます。

二次会が終わって解散になった際、すぐに帰宅するのは避けましょう。名残惜しそうにお店の前でたむろしていれば、ほぼ100%の確率で男性が「このあと三次会するんですけどいきませんか?」と声をかけてくれます。

そうなればもうこっちのものです。あとは成り行きで男性たちと楽しめばよいのです。恥ずかしがらずに「行きます!」と言いましょう。

 

結婚式では皆が幸せで開放的な雰囲気に包まれます。その雰囲気を上手く活用すれば、男性と仲良くなるなんてすぐですよ!

 

 

関連記事(外部サイト)