金曜の夜…デートで「居酒屋難民」になっちゃった!イイ女の対処法4つ

金曜の夜…デートで「居酒屋難民」になっちゃった!イイ女の対処法4つ

記事画像

金曜日の夜、「もう一杯飲んで帰ろうか」と誘われたけど、どの店も大混雑で入れない! なんて経験ありませんか? 『Menjoy!』の調査でも、デート中の失敗として“二軒目にスマートに移動できなかった”という声が多くみられます。では意中の男性と二人で“居酒屋難民”になってしまったら、女性はどうするべきなのでしょうか。

1:不満そうな顔をしない
彼と一緒に入る居酒屋がなかなか見つからないからといって、不満そうな顔をしてはいけません。

男性はせっかくのデートなのに、お店が見つからず焦っているはずです。彼が「ヤバい、失敗した!」と思っているところに追い討ちをかけてはいけません。

入れるお店が見つからなかったことで、彼に罪悪感を与えてしまうと、男性は卑屈になってしまい、お店が見つかったとしても楽しい飲み会ではなくなってしまいます。

 
2:彼にまかせっきりにしない
入れるお店が見つからなかった場合、彼は必死に周囲のお店を探しながら、ドアを開けて席があるかどうか訪ね回ってくれるでしょう。

そんなときに女性が何もせず、全て彼にまかせっきりにしていると、印象がよくないですよ。

走り回らなくてもいいので、スマートフォンで周囲のお店を調べたりして彼に協力してあげましょう。そのほうが彼も安心できますよね。

 
3:変な居酒屋はやめておく
なかなかお店が見つからない場合、男性は焦りのあまり、その辺にある変なお店をチョイスしようとするかもしれません。

しかし、混雑している時間帯にそのお店だけ“席がガラガラ”というのはちょっと怪しいですよね。

料理が不味かったり、雰囲気が悪かったり、その店が空いている悪い理由があるのかもしれません。いくら他が混んでいるからといって、変な佇まいのお店は避けましょう。楽しいデートが台無しになってしまいますよ。

 
4:タクシーを停めて、隣町へGO!
どうしても周辺でお店が見つからないという場合、思い切って場所を変えるというのも有用です。

彼と一緒にいつまでも街を彷徨っていては、せっかくのデート時間がどんどん消費されていきます。それって一番もったいないことですよね。

そんなときはいっそタクシーを停めて、隣町まで移動しましょう。実は隣町はそんなに混んでいないということも多いので、結果的に得するということも十分あり得ます。

 

お店に入れないからといって、不機嫌になってはいけません。トラブルも“二人の思い出”だと考えるようにして、お店を探す男性のことを進んでサポートしてあげてくださいね。

 

 

関連記事(外部サイト)