自分で払ったほうがマシ!「ゴチケチ男」の傲慢なセリフ3連発

自分で払ったほうがマシ!「ゴチケチ男」の傲慢なセリフ3連発

記事画像

デートでゴチってもらっても、相手の本性がケチだったら、「そんなに言うなら自分で払ったほうがマシ……」と思ってしまう女子も多いもの。ゴチった女子に対してケチな男子が口にしがちなセリフを3つ、元市議で様々な人間模様を見てきた筆者がお伝えします。

セリフ1:「今日はイイけど、次は頼むよ」
ゴチってもらえば、人間たるもの爽やかにお礼をいうもの。心底感謝して「ごちそうさま!」と爽やかに言った女子に対して「今日はイイけど、次は頼むね」などと次回の支払いを促す発言が出てくると……、心象悪くなりますよね。

感謝の気持ちを伝えているときに、「今度は君が」的な発言をしちゃうのは、ケチな男子のホンネがストレートに出ています。「言われなくても次は払うつもりだったのに……」と、気分が悪くなる女子もいるのではないでしょうか。

ゴハンをご馳走してもらったお礼に、二軒目のバーは自分が出そうと思っていた女子の“ヤル気”を削ぐ発言でもあります。残念ですよね。

 
セリフ2:「領収書お願いします。宛名は“上”で」
食事デート中に口説かれていたシーンほど、会計で“領収書”を要求している男子には、引きますよね。

経営者や個人事業主の場合には、食事デートも経費の一環!という考えがあるのかもしれませんけれど、露骨に領収書を切っている様子はケチな本性を丸バレにしてしまっているもの。

「あー。今日はデートじゃなくて仕事だったんだ……」という気持ちにさせられる女子もいるのではないでしょうか。領収書をもらったデートで全力で口説かれても、クエスチョンマークが飛ぶものです。

 
セリフ3:「この前ご馳走したあの料理さぁ〜」
次のデートのときに、「この前のアレ美味かったよな」と直前のデートの話題を共有する会話は少なくありません。

でもそのときに“この前ご馳走したアレ”のように、いちいち“自分が払ったあのとき”的な言い回しをしてくる男子は、相当にケチです。

男気溢れる男子なら、「この前食べたあの料理」「この前行ったあのレストラン」などと別の言い方をするものですが、ケチ男は“ゴチってあげた”事実にフォーカスしてしまうんですよね。

「なんか恩着せがましい……」と、モヤついてしまう女子もいるのではないでしょうか。

 

ゴチってもらえるデートには超絶感謝をしているものの、傲慢なセリフを出されると、「そこまで言うなら私も払ったのに」という気分にさせられるものです。

「わざわざ言わなくてもイイのに」と思うようなケチな発言って、本当に萎えますよね。ゴチケチ男子は、“1度ゴチった事実”に何度も何度も感謝の言葉を述べてもらわないと気が済まない性分も持ち合わせているのかもしれません。

普段ゴチらない男子ほど、一度ゴチると永遠にアピールしてくる傾向もあるので、本性を見抜いておきましょう。

 

関連記事(外部サイト)