もったいない!今すぐやめるべき「恋愛チャンスを逃す口癖」3つ

もったいない!今すぐやめるべき「恋愛チャンスを逃す口癖」3つ

記事画像

最近は、かわいい子やキレイな人でも、独り身だったり交際が長続きしていなかったりしますよね。それってつまり、見た目以外にモテない部分があるってことなのですが……みなさんは“自分の口癖”がモテない原因になっているかもしれないこと、ご存知ですか? 実は“恋愛チャンスを逃す口癖”があるので、今回はそちらを紹介いたします!

口癖1:「オバサン」
アラサー辺りの女性が使いやすい「私、オバさんだから」という“口癖”。

若い子が周りにいて、つい使ってしまう気持ちはわかります……が、この“口癖”は周りを困らせるだけのウザい自虐の一つでしかないので、できるだけ使わない方がベスト。

また、それまであなたのことをオバサンだなんて思っていなかった男性も、あなたが自分をオバサン呼ばわりする所為で「あの人ってオバサンなんだ」「そういう扱いで良いんだ」と恋愛対象から外してしまうので要注意。

 
口癖2:「知ってる」
年齢を重ねていけば、知識だって経験だって、そりゃあ豊富になりますよね。

でも、なんでもかんでも「知ってる」「それぐらい知ってて当然」なんて言いまくっていたら、周囲は不快になっていくだけ。誰も「すごーい、物知り〜!」なんて思わないものなんです。

特に男性はそういう部分でプライドを折られてしまうので、「なんだこいつ、可愛げが無ぇな」と即座に恋愛対象から外してしまいます。

馬鹿なフリをする必要はありませんが、かといってなんでもかんでも「知ってる」なんて言わず、相手の顔を立てるつもりで「なるほどぉ」と言葉を返すようにしましょう。

 
口癖3:「すみません」
何か人からして貰った時や感謝を伝える時、「ありがとう」じゃなくて「すみません」って返していませんか?

たまに見かける「すみません」が“口癖”になっている女性……実は裏でけっこう損をしています。

というのも、「すみません」という謝罪ばかり口にしている女性って、どこか卑屈な印象を受けますし、人によっては「なんか謝られてばっかでこっちが悪い気がしてくる」と辟易してしまうわけです。

だから「すみません」が“口癖”になっている女性は、今すぐにでも「ありがとう」を“口癖”にしていきましょう!

 

“口癖”って自分では気付きにくい分、モテのチャンスを逃しやすい恐るべき減点ポイントなんです。

ぜひ今回の記事を参考にして、今までの大損を取り戻せる、モテる“口癖”の女性になってくださいね!

 

 

関連記事(外部サイト)