「流石だぜ」と彼も唸る!デート中の上品なトイレへの行き方4つ

「流石だぜ」と彼も唸る!デート中の上品なトイレへの行き方4つ

記事画像

意中の男性とのデート中、ずっと彼と一緒にいればトイレの一つも行きたくなりますよね。しかし、女性としては「トイレ行ってくる!」なんて声高らかに宣言するのは恥ずかしい……。そこで今回はデート中の男性から逆に一目置かれるような”デート中の上品なトイレへの行き方”について見ていきたいと思います。

1:彼がトイレに行くタイミングに合わせる
彼と街中を歩いているのであれば、彼がトイレに行きたいと言い出したタイミングで、さらりと「私も行ってくるね」と言ってトイレに入るという方法がスマートです。

男性は女性よりも膀胱が小さいので頻繁にトイレへ行きたくなります。彼がトイレに行くタイミングに合わせてあなたもトイレに行っておけば、彼の前でトイレを我慢するなんて苦境は訪れないはずですから安心してください。

 
2:「お化粧直してくるね」と言い残す
しかし、どうしても彼の前でトイレに行きたくなってしまう状況もあるでしょう。そんなときは「トイレ行ってくる!」ではなく、「お化粧直してくるね」と言い残してトイレに消えましょう。

男性も女性がお化粧直しではなくトイレに行ったことぐらいわかっています。しかし、そこは男女のマナーとして彼も女心を察してくれるはずです。

トイレから帰ってきたら、すました顔で「お待たせ」と彼の元に駆け寄りましょう。

 
3:トイレではなく「お手洗い」と表現する
しかし、何度も何度も「お化粧直し」と言ってトイレに消えるのはちょっと無理がありますよね。女心を察してくれる男性ばかりでもありませんし、やはり素直に「トイレに行きたい」と表現する言葉も必要になってきます。

そこでオススメしたいのが、”トイレ”という単語やニュアンスを変えて表現するという方法です。

例えば、トイレではなく「お手洗いに行く」と言えば上品な感じがしますし、「御手水(おてみず)行ってくるね」という古風な言い方もできます。

ダイレクトに「トイレ!」と言うよりは、表現を変えるだけでかなり上品な雰囲気が出るので、男性から上品な女性に見てもらえるようになるはずですよ。

 
4:ハンカチをわざと見えるように取り出す
レストランなどで彼の前からトイレに向かう際は、ハンカチがわざと見えるように取り出しましょう。自然な感じで、彼にハンカチをチラ見せするんです。

彼女が清潔なハンカチを持ってトイレに立った姿を見た男性は「ちゃんと手を洗ってから戻ってきてくれるんだ」と安心感を覚えます。

トイレの後に手を洗って帰ってくることが当たり前のことであっても、ハンカチを見せるだけで男性に清潔で上品な印象を与えることができるのです。

もちろんハンカチは清潔なものを用意しておきましょう。

 

いくつかのテクニックを紹介してきましたが、あまり心配はいりません。恥ずかしいからと、変にトイレを我慢しなくても、男性は軽い感じで「おう、行ってきなよ」と言ってくれるはず。

 

 

 

関連記事(外部サイト)