彼がメロメロになっちゃう!ラブラブでスイートなおやすみメール4つ

彼がメロメロになっちゃう!ラブラブでスイートなおやすみメール4つ

記事画像

1日の終わりを、大好きな彼とおやすみメールで締めくくりたい、という女子は多いでしょう。といっても、何かと挨拶メールはワンパターンに陥りがちですよね。そこで、海外情報サイト『all women stalk』に掲載された記事を参照に、“彼がメロメロになっちゃうスイートなおやすみメール4つ”をお贈りすることにします!

1:素敵な夢が見れるといいね!
彼とメッセージのやりとりではなく、あなたから一方的におやすみメールを送りたいという時は、単に「おやすみ〜」と一言送るだけではなく、何かキュートな言葉を添えたいものです。

そこで、仕事で忙しい1日を終えた彼が、就寝中も素敵な時間を過ごせるように、「素敵な夢が見れるといいね!」と、スイートな一言を付け加えてみてはどうでしょうか。

あなたの彼を想う気持ちと思いやりが、しっかりと伝わるはずです。

もしかしたら、彼の夢にあなたが出て来ちゃうかも……!?

 
2:今一緒にベッドで過ごせたらいいのにな
寝る前に、彼とLINEなどでトークしている時に、「今一緒にベッドで過ごせたらいいのにな」と、カワいく言ってみましょう。

また、「すぐに眠れそうにないから、一緒にベッドで動画観たりしたいなぁ」と、彼とお泊りデートした時にベットで二人でしたいことを伝えれば、次の機会に、ベッドでエッチ以外のことをして彼との仲が深められます。

彼とベッドを共にする時に、できることはエッチだけではありませんよね。

それだけしかベッドで楽しめない仲だと、彼があなたのことを、セフレとしか思っていない可能性もあります。

エッチをしなくても、二人で抱き合ってリラックスできて、会話も楽しめるカップルになることを目指したいものです。

 
3:私のベッドが●●を恋しがってるよ
早く彼に会いたくても、あまりにもダイレクトにその気持ちを伝えるのは気が引けたり、相手に重いかな〜と思ったりしてしまうと、ハッキリとは伝えにくいですよね。

そんな時は、「私のベッドが●●(彼の名前)を恋しがってるよ」と、少し遠回しにメッセージを送ってみてください。

少し遠回しとはいえ、明らかに彼を恋しがっているのはベッドではなく、あなただと彼には分かります。

ちょっと気が利いた言い回しに、きっと彼は「寝る前に重い言葉もらった〜……」なんてことは思わず、あなたの控え目かつ積極的な言葉を、微笑ましく思ってくれるはずです。

 
4:●●のこと考えたら寝れなくなっちゃうかも……
男は、彼女と夜寝る前にメッセージでトークしていると、どうしても「ベッド=エッチ」という思考になってしまうので、あえて、その想像力を刺激しちゃうのも手です。

「●●(彼の名前)のこと考えたら寝れなくなっちゃうかも……」なんて言葉を受け取ったら、一気に彼の妄想はMAX状態に!

そのセリフを送ったあなたではなく、彼の方が眠れなくなってしまうかもしれませんね。

 

忙しい朝に送る“おやようメール”とは違い、一日の終わりに交わす“おやすみメール”は、リラックス気分で、少しセクシーでラブラブな内容を送れちゃいます。

すっぴんに自信があるという人は、ベッドに寝そべる自撮り写真を送ってもいいし、1日の最後を、彼との仲を親密にできる言葉で締めてみてはどうでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

 

関連記事(外部サイト)