「掃除は苦手だけど彼に幻滅されたくない!」…そんな女性の解決策3つ

「掃除は苦手だけど彼に幻滅されたくない!」…そんな女性の解決策3つ

記事画像

「昔から掃除するのが苦手……でも人並みに掃除ができないと彼から幻滅されちゃう!」と悩む女性、けっこういるのではないでしょうか? 綺麗好きまでいかなくても、やっぱり最低限の掃除ができる女性でありたいですよね。でも掃除が苦手でどうすればいいか……そんな女性のために、過去の『Menjoy!』記事を参考に解決策をご紹介します。

1:とにかく少しずつ
掃除って意外に疲れますし、体力もいります。とくに掃除が苦手な人からすると、丸一日かかってしまう場合もあります。

だからこそ意識してほしいのが、「少しずつ掃除する」ということです。

部屋が汚いから一気に掃除をしようと意気込んでしまうと、長続きしませんし、やる気だってそんなに起きないですよね。

だからこそ10分程度、もしくは1部屋単位で良いので、少しずつ目につく範囲で掃除をしていくように心がけましょう。

そうすればしっかりと時間を確保する必要が無く、少しずつでも確実に部屋が綺麗になっていきますし、掃除への苦手意識も薄れていくと思います。

 
2:掃除機を使わない掃除にする
掃除への苦手意識の一つに、「掃除機を使わなければならない」という考えがありませんか?

掃除機って重いし場所を取るし、ちょこちょこ持って移動しなきゃいけないから、それを考えただけで掃除をする気が起きなくなりますよね。

でも、だったら掃除機を使わない掃除へシフトチェンジすれば良いんです!

サッと床を拭くだけで掃除も除菌もできる掃除器具はいくらでも売っています。専用の収納ケースなんかもあって、オシャレな器具だってたくさんあります。

また、この機会に新しくて使いやすくて軽〜い掃除機を彼に買ってもらう……なんていうのもアリですよ!

 

 
3:最新グッズで掃除を楽しく
掃除って決して楽しいものではないから、気持ちが向かなかったり、スタートラインになかなか立つことができなかったりしますよね。

それならば、人気のある最新の掃除グッズを購入してみるのはどうでしょうか?

例えば手袋をはめるだけでどこでも簡単に掃除を行うことのできる製品や、インテリア顔負けのセンスの良い器具など、今ではお手頃価格で購入することができます。

使っている道具が新しかったりオシャレだったりするだけで、気持ちがウキウキする……それは掃除でも同じことです。

まずは掃除器具から変えてみる、というのも苦手意識の克服に繋がりますよ!

 

このように、“掃除への苦手意識”というのは、ちょっとしたコツで改善することができます。

やっぱり不衛生な環境って自分だけでなく、一緒に住む彼や、いずれ生まれる子供のことを考えるとよろしくないことですよね。

ぜひ今回の記事を参考にして、“掃除への苦手意識”から卒業してください!

 

 

関連記事(外部サイト)