LINEなら言える!男子が喜ぶ「セリフがかった萌えセリフ」4つ

LINEなら言える!男子が喜ぶ「セリフがかった萌えセリフ」4つ

記事画像

漫画を読んでいると、女子の可愛いセリフに男子がデレデレ〜となってしまうシーンがあります。こんなセリフを現実でも使うことができれば、かなり効果がありそうですが、恥ずかしくて使えませんよね。そこで使えるのがLINE! 『モテ女子になれるLINE恋活』の著者、塚田牧夫さんが、送ると男子が萌えちゃうセリフをご紹介します。

1:「ぎゅっとしてくれる?」
「実際に一緒にいない、離れているからこそ、より効果的なセリフが、“ぎゅっとしてくれる?”。

ぎゅっとしようにもできない。そのもどかしさが、ムラムラと男子の“会いたい欲求”を高めます。

“ぎゅっとしてもらいたい女子がいるのに、俺はなぜここにいるんだ!?”と、いま一緒にいないことを、どうしようもなく後悔するはず。

一緒にいるときにこのセリフを言うのは、恥ずかしいのももちろんですが、本当に、むぎゅっと抱きつかれてしまう恐れがあるので、まだそういう関係になりたくないのならば、ここはLINEでしょう!」

 
2:「●●くんがいるから、がんばれるんだ」
「“ぎゅっとしてくれる?”はちょっとLINEでもハードル高い……というシャイな女子には、このセリフはどうでしょうか?

“●●くんがいるから、がんばれるんだ”

ちょっとした仕事の悩み、日常の疲れていること、普通の会話の流れで送ることができますよね。

男子は、女子に頼られることが大好きですし、このように特別扱いすることで、“もしかして、俺のこと好きなのか?”と思わせることができます。

もちろん、直接“好き”とは言っていないので、相手も“勝手な勘違い”と思われるのを恐れ、“あの子、俺のこと好きなんだぜー”なんて、なかなかまわりには言えません。

ただ心のなかで、“もしかして……いや、待てよ”とモヤモヤ考えるだけ。このモヤモヤが、そのうち“好きなのは、俺のほうだった!”と変わっていくのが恋の面白いところです」

 
3:「今夜は帰りたくないな」
「火急的速やかな効果があるLINEを送りたければ、“今夜は帰りたくないな”。このセリフを使ってください。

1と同じで、一緒にいないからこそ、抜群の効果を発揮するセリフですよね。いったいどこにいるのか? それが相手に知られていても、知られていなくても、効果は変わりません。

送られた男子は、“じゃあ、こっちくる?”、“じゃあ、一緒にいる?”をいかにいやらしくなく伝えるか? これは返信のスピードを早くしなきゃ……という思いと葛藤しながら、脳みそフル回転で考え抜くでしょう。

その後、“やっぱり、疲れたから帰るー”と送るだけで、モヤモヤとムラムラという最高のフェロモンを香らせながら消え去ることができる、必殺のセリフですね」

 
4:……!?
「どれもこれも、たとえLINEでも恥ずかしすぎますっ! ……わかりました。それでは、このセリフはどうでしょう。これならば、絶対に自然に送れますよ。

“アジェンダ送るからちゃんと読んでおいて”

“インターンの子たちには”

“シェア禁止でお願いします”

“テスト・クロージングのところは、事例も調べておいて”

“ルーティン化できれば、効率も業績も給料もアップできるはず”

どうでしょう? 一見、普通の内容に見えますが……おやおや〜、これは縦読みですね。最初の一文字を縦に読んでいくと、“アイシテル”。

これならば気づかれたって、“たっ、たまたまだよ! それよりちゃんとアジェンダ読んだのっ!?”と誤魔化せますから、心配なく送れますね」

 

LINEで送れる男子が萌えちゃうセリフをご紹介しました。LINEならば、冗談だか本気だかわからない感じで、軽くポンッと送れるというメリットがありますよね。みなさんも上記4つのセリフを使いまくって、男子たちを萌えさせまくってください。

 

 

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。制作会社代表。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集にいそしんでいる。著書に『モテ女子になれるLINE恋活』など。

関連記事(外部サイト)