悲しいけど…現実!「もう興味ない彼女」に男性が見せるサイン5つ

悲しいけど…現実!「もう興味ない彼女」に男性が見せるサイン5つ

記事画像

どれだけ激しく愛し合った歴史が長く、気持ちが深かったとしても……興味をなくしてしまうことはあるもの。別に浮気をしているわけでもなく、ただ飽きてしまったというケースはよくあります。そんな気持ちになっても、なかなか口に出して言えない男性たちですが、ついつい、こんな態度に出てしまいがち……。

1:小さなことでも許せなくなってしまう
「料理の味付けや身だしなみとか気にしなかったことが許せなくなる」(20代/アパレル)

昔は何とも言われなかったのに、最近はなんだかよく注意される……ということはありませんか? 誰にでも欠点はあるはずで、それを知っていて自分と付き合ったにも関わらず、デートに少し遅れた時やいつものクセなど、些細なことでも怒るようになったと感じたら要注意。

2:情報共有や詳細を話さなくなる
「友達と出かけてもその時のことをいちいち言うのがめんどくさい」(20代/営業)

好きでいるうちは、相手にはなんでも知ってもらいたい気持ちが先に働くので、情報共有はもちろん、彼女を不安にさせたくない気持ちもあり、詳細を話してくれます。

しかし、気持ちが離れてしまえば言いわけもしなくなってしまうもの。詳細を話すのがめんどくさくなってしまうのですね。

これは「自分がどこで誰と何をしていようが関係ない」という気持ちからくるものでしょうか。もしもそうであれば、悲しい事実です……。

 
3:一緒にいても会話がはずまない、スマホをいじる
「一緒にいても会話することがないし、スマホの方が楽しい」(20代/学生)

せっかく一緒にいても会話がはずまないのはとても悲しいことですよね……。スマホばかりいじるのはもちろん仕事関連のこともありますが、毎回会うたびにスマホばかりいじってしまうのは彼女との会話が楽しくない、彼女の話を聞きたくない、という男性の気持ちが込められているかもしれません。

 
4:かまってアピールをしても無視される
「かまってアピールがうざく感じて全部無視しちゃう」(30代/営業)

彼女にかわいくかまってアピールで甘えられたら嬉しいというのが彼氏の本音。好きな子にはいつでもかまってあげたくなるものですよね。そこで甘えても無視されるようになったり、いつもより態度が冷たくなってしまったら彼の気持ちは離れつつあると言えるでしょう。

5:彼女がどこで何をしているか気にしなくなる
「よく気にしていた彼女のことが、どこで何をしてもどうでもよくなる」(40代/福祉)

好きな人のことを気にかけるのは誰だって同じ気持ち。どこで誰と何をしているんだろうと思うのは当たり前のことですよね。

彼があなたのことを気にしなくなり、ヤキモチも焼かなくなってしまったら心がもう既に離れているということです。

いつも彼氏がヤキモチ焼きすぎる!と言っているうちは、実はとっても幸せなことなのかもしれませんね。

 

一度彼女に対して恋心が離れてしまった男性の気持ちは残念だが中々戻らないもの。でももちろん、彼の心を取り戻す方法だってたくさん存在します。

「ちょっと要注意かも?」というようなサインが出たら、逆ギレなどせず彼と話し合ってみたり、一度距離を置いてみたりするのも一つの方法。

男は別れた彼女に対して「いい女だった」と後悔することが多いので、ここは潔くキッパリと別れるのもアリなのかもしれませんね。

 

関連記事(外部サイト)