これが現実!ラブラブなカップルが「ひた隠す」冷たいウソ3つ

これが現実!ラブラブなカップルが「ひた隠す」冷たいウソ3つ

記事画像

ラブラブなカップルを見ると「あー、いいなぁ」と思うかもしれません。しかし、ラブラブに見えるのは、あくまで“外面”の話。現実はそんなに甘く無い。彼らには彼らなりの、ラブラブならではの“冷たさ”があるのです。『Menjoy!』が50人を対象に行った「カップルの意識調査」から、目を背けたくなる非情な現実をご紹介しましょう。

1:実は結婚はしたくない
「大好きだけど、恋愛と結婚は別。実は割り切っている」(23歳/渋谷区/女性)

「絶対、結婚しようね……と言ってるだけ。結婚を考えると、もう少し良さそうな男友達がいる」(24歳/江東区/女性)

ラブラブな恋愛を、若いから楽しんでいる。でも、恋愛と結婚は違うって、ちゃんとわかってる。女性から多く聞かれた意見でした。

「実は彼女に言ってないけど、もう許嫁がいる。家のことなので、これには絶対逆らえない。だからこそ、今ラブラブでいれるのかも……」(24歳/板橋区/男性)

なかには、こんな男性の意見も。ラブラブになればなるほど、別れがつらくなっちゃうと思うのですが、平気なんですかね?

 
2:実は顔があまりタイプじゃない
「実は、顔はあまりタイプじゃないんです。もう見慣れましたけどね」(23歳/渋谷区/男性)

「怒るから言えないけど、本当は、もっと濃い顔の人が好き」(21歳/文京区/女性)

ラブラブで大好きなんだけど、顔はあまり好きじゃない。相手の好みのタイプと外見が違っても、恋に落ちることはできるようですが、なんだかいつまでも悲しいですよね。

「(前略)浮気できないだろうと思って、安心してる。タイプの人だと、うまく付き合えない。嫉妬深いから」(24歳/大田区)

顔がタイプじゃないからこそ、ラブラブになれる。そんな意見もありました。恋愛って本当に複雑です。

 
3:実はエッチの相性がイマイチ
「最初から思ってたんだけど、エッチが下手。でも、まぁ、それだけじゃないし」(24歳/新宿区/男性)

「もともとセックスがあまり好きじゃないから、相手もそう思ってるかもしれないけど、あまりしないでいいからよかった」(27歳/豊島区/女性)

エッチの相性がよくないからといって、ラブラブになれないわけではないようですね。“エッチ嫌い”同士だと、カラダの相性はいいとは感じられないけど、“お互いにしたくない”という部分で相性がいいとも言えるのかも。

「いまのカレと付き合って、エッチをあまりしなくなった。ラブラブでまったりしてて心地よくって、結婚するのにぴったりだと思うけど、将来、子供をつくることを考えるとちょっと不安」(24歳/埼玉県さいたま市/女性)

安心できる相手を見つけたから結婚したい……でも、子供がつくれるか不安。“恋愛と結婚”というテーマについて、深く考えさせられる意見ですね。

 

ラブラブカップルが隠しているホンネについて、ご紹介しました。物事にはなんでも、表と裏があるもの。知りたくなかったと思う反面、「これなら私にだって、ラブラブな相手ができるかも……」とも思えたのではないでしょうか?

 

関連記事(外部サイト)