ソレどこの?「有名ブランドの婚約リング」でブチ当たる落とし穴3つ

ソレどこの?「有名ブランドの婚約リング」でブチ当たる落とし穴3つ

記事画像

大好きな彼からプロポーズされたら「気になるのは婚約指輪!」でしょうか!? 最近では婚約後にカップルで選ぶスタイルも主流。そして、有名ブランドのリングを選ぶとブチ当たりがちな落とし穴もあるのです! 様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が3つお伝えします。

1:人気のデザインなほどブランドがバレる
せっかくエンゲージメントリングをもらうのであれば、ずっと憧れていた高級ブランドのアイテムを望む女子は少なくないですよね。

けれど、高級ブランドの定番デザインリングを選ぶと一発でどこのブランドなのかが丸バレになるパターンも多め。「あの子の指輪、カルティエのやつだねー。●●ちゃんのと同じだねー」などと自分が不在の女子会で噂されることもあるのです。

ブランドくらいバレてもなんてことありませんけれど、ノーブランドだったらその心配は少なそうです。下世話な噂の対象になりたくない女子は、パッと見でわからないデザインを選ぶのもオツですね。

 
2:雑誌や店頭で見て値段がバレる
高級ブランドの婚約リングは、周囲になんとなく値段がバレちゃうという傾向もあります。

女子って噂好きですし、「アレはティファニーのアレだから……」などと、勝手に値段に算段をつけて噂の対象にすることも……。もしかすると、わざわざネットで検索している女子もいるかもしれませんね。

愛の証であるエンゲージメントリングなのに、勝手に噂の対象にされて婚約者の収入を値踏みされちゃうパターンもあります。

値段がバレたからって婚約の事実には痛くもかゆくもありませんけれど、ケチをつけられているようで、面白く思わない女子だっていそうです。

それにしても、女子ってほんっと噂好きですよね……。

 

 
3:カブるとダイヤの大きさを比べられる
有名ブランドの人気デザインだと、周囲の女子とガチで丸かぶりするケースだって珍しくありません。

すると、気になるのはダイヤの大きさ……という下世話な話になり「●●ちゃんのは1カラットだから大きいよね! ということは、▲▲ちゃんより●●ちゃんのほうが玉の輿だね〜」などと、かなりどうでもいい噂をされることも!

当人にとっては余計なお世話でしかないものの、婚約女子に嫉妬も抱きつつ、下世話な噂話の対象になるのかも……。

女子の世界って、なんだか恐ろしい面もありますよね。

 

余計なお世話とはわかりつつ、他人の婚約指輪を噂の対象にしちゃうのも一部の女子の常。

筆者のエンゲージメントリングも某インポートブランドでしたが、「ソレ、あそこの●●でしょ!?」と言われて苦笑いした経験があります。

とはいえ、愛する男性から憧れの婚約指輪をいただく瞬間はこの上ないハッピーな瞬間ですよね。有名ブランドの人気デザインを選ぶ女子は、ココロしておいてソンはないかも!?

 

 

関連記事(外部サイト)