もうたまらんッ!「この子を抱きたい…」と強制的に思わせる仕草3つ

もうたまらんッ!「この子を抱きたい…」と強制的に思わせる仕草3つ

記事画像

5回も6回もデートしているのに、全然手を出してこない男子っていますよね。せっかく良い感じなのに、このままいくと「友達」になっちゃう……! 「この子を抱きたい」と思わせる方法はないのッ!? ってことで、『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに教えていただきました。

1:チラリズムを起こす仕草
箱崎:基本的に、なかなか手を出されない子というのは、相手に“オンナを感じさせる”ことができていないのだと思います。

ーーオンナを感じさせるには、どうすれば?

箱崎:やっぱり、女子っぽい部分を露出することが一番なのですが……、

ーー……なのですが?

箱崎:女子っぽい部分が、女子っぽくない子もいますよね。

ーー胸とか、お尻とか。

箱崎:そういう場合、“ナイものを見せる”にはどうすればいいか?

ーーナイものを見せられるんですか?

箱崎:相手のたくましい想像力を使います。

ーー想像力?

箱崎:はい。実際に見せるのではなく、見えてしまいそうな瞬間をつくる。よくいうチラリズム。チラリズムで見えそうになると、男子は勝手によさげな“女子のカラダ”を想像してくれます。

ーーチラリズムを起こすには、どうすれば?

箱崎:セクシーに露出するのとは違い、意外と大きめの服が効果的です。かがんだときに、胸元がブワーッとあいて、暗い空間になんとなくブラが見えたり、勢いよく立ち上がったときに、スカートがふんわりめくれてしまったり。

ーー大きめの服を着て、かがんだり、勢いよく立ち上がったりの仕草。

箱崎:そうですね。ちょっと恥ずかしくなっちゃうかもしれませんが、家で練習してみるといいですよ。

 
2:乱れを直す仕草
箱崎:続いて使えるのが、“着衣の乱れを直す仕草”。

ーーこれはチラリズムとは違うんですか?

箱崎:似て非なるものですね。チラリズムの場合は、一瞬の出来事なので、確実に相手の視線に入らなくてはいけません。

ーーそうだったんですね?

箱崎:はい。使うときは、相手の視線の先に自分がいることを意識してください。

ーー乱れを直す仕草は、視線は気にしなくても大丈夫?

箱崎:基本的に、ある程度の期間、露出が大きいままになります。タイトスカートがめくれあがったり、ブラ紐が見えていたり、落ちて肩が丸出しになっていたり。

ーーなかなか、それだけでもセクシーです。

箱崎:そうなのですが、乱れに気づいて、なにげなーく直す仕草を加えると、されにセクシーになります。

ーーそれはなぜなのですか?

箱崎:また乱れていくので、相手が気になって仕方がなくなってくるのです。そして、ここでトドメの仕草があります。

 
3:視線に気づく仕草
ーーそれはなんでしょう?

箱崎:相手の視線に気づく仕草です。

ーー着衣の乱れを見ている視線ですか?

箱崎:そうですね。それを直しているときの視線でも大丈夫。

ーーこれには、どういった効果があるのでしょう?

箱崎:視線に気づく仕草……というのは、自分のいやらしい部分を見ている相手に、パッと視線を投げかけることです。

ーー見ていたほうは、ドキッとしますね。

箱崎:気づいたぞ……という視線を投げたあと、また乱れを直します。

ーー「もう見ないように気をつけよう」と思われるだけではないでしょうか?

箱崎:なので、直した後、軽く笑みを浮かべながら、目は笑わずに、もう一度視線を投げるのです。

ーーちょっと、ドキッとしますね。

箱崎:なにか、どういう意味だろう……と思いますよね。「嫌じゃないのかな?」と。その後は、普通に戻って平然としながら、たまに相手に視線を送りましょう。

ーーなにか言いたげな感じが伝わってきますね……。

箱崎:しかもセクシーなシチュエーションを経験した後ですから、これはいろいろと連想させてしまいますよね。ここでふたりきりになって、距離が近くなると、ガバッ……!と来やすいですよ。

 

「この子を抱きたい!」と強制的に思わせる仕草を3つ教えていただきました。

ーー箱崎さん、これは例えば、相手から見てこちらがまったくタイプでなくても効くんですか?

箱崎:やはりある程度、距離が近いほうがいいです。でも、「まったくタイプじゃない」というのは、よく知り合ってからわかるものなので、「第一印象タイプじゃない」くらいだったら、大丈夫。デートしはじめならば、かなり効きますよ。

 

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・育児にがんばる4児の母。「案ずるより産むが易し」がモットー。趣味はボルダリング。著書に『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』、『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』がある。

関連記事(外部サイト)