失恋直後にされると「ひたすらウザいだけ」の励まし方ワースト3

失恋直後にされると「ひたすらウザいだけ」の励まし方ワースト3

記事画像

女友達から「彼氏と別れた」と聞けば、なんとかして励まそうと思うのが真のトモダチ。しかし、励まし方によっては、「ウザい」と思われるパターンも……!? 『Menjoy!』が女子500名に実施した調査をもとに、失恋直後にやられると「ウザい」と感じる女友達の言動をお届けします。傷ついたアノ子にこんな言動は絶対にしないで!

3位:あえていつも通りに接する
「あなたが彼氏と別れたばかりの時に女友達にされて“ウザい”と思ったことのあるものをすべて選んでください(複数回答可)」と質問。

17.4%が選び3位になっていた言動は「“先週お台場行ったんだ!”など自分の彼氏との他愛のない恋愛話を無神経にする」です。

傷心している女友達を励ましたくて、あえていつも通りに接する女子だっているでしょう。しかし、いつもと同じ状況じゃないのに「いつも通りすぎ」は、さすがに無神経。

空気を読まぬ自分の彼氏とのラブラブ話に、「はぁ!?」と内心激怒されても仕方なし……。

いつも通りに接してあげるのは優しさですが、話題には気遣う「いつも通り風」でコミュニケーションできるのが、オトナの女です。

もし、「いつも通りに、彼氏とのラブラブ話を聞かせてくれて、うれしかったよ!」なんて言ってくれたとしても、友達への感謝に見せかけた、皮肉ですから。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2位:交際中のことを質問される
続いて、2位になっている言動は「交際中のことを根掘り葉掘り質問される」で、21.6%の女子が選ぶ結果となりました。

女友達を励ますための「とことん話を聞くよ!」という気遣いまでは嬉しかったものの、当時のことを根掘り葉掘り質問されてしまうのは、「しんどい。ウザい」と感じる女子も決して少なくないのです。

当時のことを不必要に思い出す引き金にもなってしまうのに、親身になってくれている人から質問されれば、答えなくてはならないですから、苦痛の時間になっている女子だっているはず。

「励ますためには、前情報が欲しいから」と思っても、根掘り葉掘り質問するのは避けたほうが賢明です。

 
1位:別れた原因を根掘り葉掘り
そして、1位は21.8%の女子が選んだ「別れた原因を根掘り葉掘り聞かれる」でした。

「もう好きじゃないって言われた……」とすでに理由を話しているにも関わらず、「それって本当? 前から、そんな風な兆候あったの? じつは浮気してるんじゃない?」などとさらに聞かれるのは、確かにウザそう。

ただでさえ彼氏と別れて落ち込んでいるところに、「励ますためではなく、自分の好奇心を満たすためじゃ……」と、友達の人間性にまで疑問を覚えてしまい、泣きっ面にハチもいいところ。

話したいだろう部分は話させてあげて、話したくない部分はソッとしておく。そのあたり繊細ですが、微妙な相手のボーダーラインを理解してあげられてこそ、真の友達と言えるのではないでしょうか?

 

以上、失恋直後に女友達からされると「ウザい」と感じる言動をご紹介しましたが、いかがでしょうか。神経を逆なでする言動をしないよう、改めて気をつけたいですね。

 

関連記事(外部サイト)