年下とかザコすぎて無理っ!年上好きになってしまったきっかけ4つ

年下とかザコすぎて無理っ!年上好きになってしまったきっかけ4つ

記事画像

年上男性の魅力ってどんなところにあると思いますか?「私は年下が好きだから」という女性も最近では多いと思いますが、一度ハマると、もう「年下とかザコすぎて無理っ!」くらいに思ってしまうのが、年上男性の恐ろしいところ。今回は、年上男性が大好物な女性たちに「年上好きになったきっかけ」を聞いてみました。

1:スマートに「払っておいたよ」
「初デートで映画の後夕食を食べに行ったんですけど、その時にはお店とか特に予約しててくれたわけじゃなくて、あんまりデート慣れしてないのかなって思ってたんです。

でも、2人ともお腹がいっぱいになるまで食べてゆっくり会話をしたころ、私がお手洗いに行った隙にお金を払っておいてくれたらしくて」(Iさん/27歳)

ーー全額おごりですか?

「もちろんです。というか、そういうつもりではなかったんですけど、払おうとする隙すら与えてもらえなかった感じで当たり前のようにお店を出るから、“あれ? お金は?”って聞いたら、“もう払っておいたよ”って。サラッと」

5歳以上年上の男性だと、男性の方がお金にも余裕があることが多いので、おごってもらえるんじゃないかと期待してしまう人も多いと思います。

「オレが払うよ!」

「えっ。いいんですか……?」

なんてめんどくさいやりとりをさせることないのはもちろん、女性に財布を鞄から出させるなんていうみっともない真似はしない。こんなスマートな支払い方をされたら、誰だってドキドキしちゃいそうです。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:夜遅くなっても笑顔で「おかえり」
「金曜の夜は毎週のように彼の家に泊まりに行っていました。ある日、突然飲み会に誘われちゃって彼に謝って“ごめん、ちょっとだけ顔出してきて良いかな”って言ったら“良いよ、行っておいで”って。こういうとき怒ったりしないのが余裕ある証拠ですよね」(Oさん/28歳)

ーー急な予定変更って怒る男性結構いますもんね。

「そうなんです。それで、早めに切り上げて帰るつもりがなかなかタイミングが掴めなくて、結局帰りが終電近くになっちゃったんです。これは流石に怒られるって覚悟して帰ったんですけど、笑顔で“お帰り。急に大変だったね”って。怒らない上に気遣ってくれて、もう最高だなって思いました」

彼女が急な飲み会で夜遅くに帰って来る……。これって男性にとっては怒りポイントが結構あると思うんですが、年上で余裕のある彼なら怒られずに出迎えてもらえるんですね。

こんな男性がいる家なら、「すぐにでも帰りたい!」って思っちゃいそうです。

 
3:寝ちゃってたのに「疲れてたんだね」
「年上の彼と同棲しているんですけど、いつも大体彼の方が仕事が終わるの遅いから、ご飯を作って待ってるんです。でも、その日は仕事がハードで疲れちゃったのか、ちょっと休もうと思ってソファに座ったらそのまま寝ちゃってて」(Yさん/26歳)

ーーご飯作れなかったんですか?

「ご飯は作れないし、彼が帰ってきてたのに気づかずに寝てたみたいで。やばいって思って“ごめんなさい!”って謝ったら、“別にいいよ。疲れてたんだね。今日は夕食どこかに食べに行こうか”って言ってくれたんです。感激しません?」

家に帰ったらいつもご飯があるのが普通の日が続いていると、予想に反したときに急に怒る男性も多いです。でも仕事の大変さを自分も乗り越えてきたからこそ、疲れていることをわかってもらえるんでしょうね。

社会人としても大先輩の年上男性。頼れるパートナーになりそうです。

 
4:エッチで「そんなに焦らなくても」
「エッチのことだと、余裕過ぎてちょっと自分が恥ずかしくなることもあるんですけど……」(Wさん/29歳)

ーーえ? どういう意味ですか?

「枯れてるわけではないけど、年齢が上がると男性も性欲って落ち着く人が多いでしょ。だから、エッチの時に“そんなに焦らなくても”って苦笑されたことがあって、恥ずかしかったです。なんか私ばっかり求めてるみたいで悔しいというか」

若いと男性は特に、ただとにかく性欲を処理したいという感じになってしまいがち。ですが、大人になればそれもだんだん落ち着いてきますよね。

年上を相手にしていると自分の方が性欲が強くて、ちょっと微妙な気持ちになることもあるんですね。

 

大人な男性の余裕って魅力的ですよね。色々な経験を積んでいる人ほど、相手にも優しくしてくれますし、失敗も笑って許してくれます。

年上男性には興味がなかったという人も、こういう話を聞くと少しは興味が沸くのではないでしょうか?

 

関連記事(外部サイト)