【男子だけで激論中】「女子にはわからない話題」の場面でモテるテク

【男子だけで激論中】「女子にはわからない話題」の場面でモテるテク

記事画像

「男同士で話している会話に、ムリやり入ろうとする女子はウザい!」というのは筆者の男友達の共通意見。カレシや意中の男子とグループで会っているときに、自分にはわからない話題で盛り上がっているなら、その場はウマくやり過ごすのがモテ女子です。なら、どんな風にその場をやり過ごすのがいいの? 男子たちにホンネを聞きました。

1:シレッとスマホでも見ている
筆者は先日、男友達と「ムリやり話題に入る女はウザい」という話になったのですが、自分にはわからない会話が続いている時に、「それって誰のこと?」「なんの話!?」と根掘り葉掘り質問してくる女子は「ウザい」で満場一致でした。

「女子がいるのに自分達だけで盛り上がる男子もどうなのか」という話はさておき、「そんな流れになった時には、シレッとスマホでも見ていてほしい」というのが男友達2人の意見。

一般的には、誰かと一緒にいる場でスマホをいじる行為は好感度ダウンにつながる行為ながら、このケースだけは「話に入って来てほしくないから、スマホでもいじってて!」という心境になる男子も少なくないのです。

仕事の話題、共通の知人の話題など男子だけで盛り上がっていたら、せっかくなのでスマホチェックタイムにしてしまいましょう。

 
2:聞こえていても聞こえないフリ
男子だけで盛り上がっている時には、できるだけ会話に入って来てほしくないのも男ゴコロなのだとか。

そのため、彼らが話している話題が聞こえていても、あえて聞こえないフリをしてくれるのだって嬉しいのだそうです。

自分がよくわからない話題になると、「ウマい相槌を打たなくちゃ!」という配慮がアダとなって、根掘り葉掘りの質問や、ピントがズレた相槌をしてしまう女子もいるはず。

しかし、自分だけがわからない話題になったら、男子たちがその会話を終えるまで聞こえないフリをしていてくれるほうが、楽なんだそうです。

男子の意見って、なんとも身勝手ですが、余計なひと言を言われるぐらいなら黙っていてほしいものなのかもしれませんね。

 
3:トイレに行く
男子たちだけしかわからない会話が思いのほか長く続いているときには、「あえて、流れを変える行動をしてほしい時もある」のだそう。

筆者の男友達のひとりは、「俺たちだけで盛り上がっていて悪いなぁ、と思うんだけど、なかなかその話をやめられずにいる時には、あえて女の子のほうから流れを変えてほしい」とのこと。

その最たるテクとして「トイレに行ってくるね」と、声をかけてくれることも有効なんですって。

女子がその場を立ち去ることで「俺たちだけで盛り上がる話題をしちゃって、悪いことしちゃったかな」という空気感が生まれやすいので、スマートに話題や場の流れを変えられるテクニックになるようです。

 

以上、男子たちだけしかわからない話題で盛り上がられてしまったときのウマい対処法を3つご紹介しましたが、いかがでしょうか?

「その話、ナニナニ? 私にも教えて!」とムリやり割って入るよりも、賢く立ち回って好感度を上げる場面に利用してしまいましょう。

 

関連記事(外部サイト)