ズボラ女子必見!? ズボラなまま「美しいキッチン」を彼に見せる極意

ズボラ女子必見!? ズボラなまま「美しいキッチン」を彼に見せる極意

記事画像

彼が家に遊びに来る日に、意外と掃除に手間取るのが“キッチン周り”ではないでしょうか? 付け焼刃的に掃除をしても、長い期間の蓄積で汚れてしまったキッチンって、キレイにするのってなかなか難しいですよね。『Menjoy!』読者でもあるインテリアコーディネーター島村ひとみさんに、ズボラ女子が美しいキッチンをキープするコツを取材しました!

ズボラ女子でもスグできるたった2つのポイント
キッチン周りの掃除を「めんどくさーい」と思っていませんか?

油汚れがあるので、汚れてしまったキッチンを一瞬で美しく整えるのって、結構難儀ですよね。

そもそも掃除が苦手なズボラ女子は、カレシが来るからって掃除に熱が入るわけでもありませんので尚のことです。

そこで、ズボラ女子がいかに“ズボラなまま”彼に汚いキッチンを見せずに済ませられるか、インテリアコーディネーターの島村ひとみさんが教えてくださいました。

島村さん、さっそくお願いしますッ!

 
極意1:換気扇のフィルターはこまめに交換
ズボラ女子なら、「見えるところだけキレイになってればいいや」と思ってしまうはず。それ故に、キッチンコンロの見た目は意識していても、上にある換気扇は盲点になっている女子も多いのではないでしょうか。

島村「換気扇のフィルターをまめに交換することで、換気の効率が上がり、汚れにくくなって普段の掃除が楽になりますので、試してみてください」

そう! 実は、美しいキッチンをキープするためには、コンロやカウンターを掃除するだけでなく、換気扇のフィルターを交換する作業が必要だったのです。

確かに、汚れたフィルターの換気扇を回していても、換気の効率は悪そう。しかしそのフィルターを交換することで、換気の効率が上がって煙や油が溜まりにくくなり、逆に普段のお掃除が楽になるというのです!

最適な交換頻度は、使用している換気扇のメーカーによるようですが、年に数回の交換でも効果はあるとのこと。これなら、ズボラ女子でもちょっと意識するだけでできそうな作業ですよね。

もう何年も換えていない……なんてズボラさんは、今すぐ交換して!

 
極意2:棚の上に新聞紙を敷く
美しいキッチンをキープするのにホコリは大敵。

そこで、島村さんは“あるモノ”の活用を提案します。

島村「食器棚の上など高いところの見えない部分には、モノを置かず、新聞紙などを敷いておくと、新聞紙を取り替えるだけで楽に油汚れやほこりを取り除けるようになりますよ」

高いところ、特に見えなくなっている狭いところは、身長の低い女子は覗き込むために踏み台が必要だったりと、拭き掃除をするだけでも大変。

しかし、そこにあらかじめ新聞紙などの不要な紙類を敷いておけば、汚れた時はその紙を剥がしてパッと捨てるだけ。あとは簡単なホコリ取りをすれば十分です。そしてまた新しい紙を敷いておくだけの、楽ちんお掃除です。

インテリアにこだわる女子は、英字新聞や可愛いラッピングペーパーなんかを使えば、彼に見られても「掃除をラクにするために、新聞紙を敷いている」とは思われにくくなりそう。

 

キッチンは、独特の油汚れがあるために、室内の他の場所よりもお掃除が大変というイメージがありますよね。

カレシが遊びに来る日には、リビングやベッドは美しく整えられても、キッチンの掃除に意外と手間取るという人もいるのではないでしょうか!?

ズボラ女子が彼が遊びに来る日に備えるためには、まずはお手軽な上記2つのポイントから意識してみるとよさそうです。

 

 

【取材協力】

島村ひとみ・・・インテリアコーディネーター。空間デザイナー。

関連記事(外部サイト)