今日は帰ります!タクシー連れ込みを「うま〜く断れるセリフ」3つ

今日は帰ります!タクシー連れ込みを「うま〜く断れるセリフ」3つ

記事画像

「家の近くまで送るよ」男性からそう言われて、タクシーに連れ込まれそうになった経験を持つ女性も多いのではないでしょうか? 悪い男とタクシーに同乗すれば、どこに連れていかれるかわかりません。そんなとき、どんなセリフを使えば男の毒牙から逃れることができるのでしょう? 今回は男子に「言われて困るセリフ」を教えてもらいました。これを参考にしてみましょう。

1:「ここで失礼します!」
「女の子から、きっぱりと“ここで失礼します!”って言われたら、諦めざるを得ませんよね」(Aくん、27歳/会社員)

女性をタクシーに連れ込んで、“悪いこと”を企むことがよくあるという、悪い男代表のAくん。そんなAくんから見て一番厄介なのが、きっぱりと“お断り”を入れてくる女の子なのだとか。
ハッキリ言われると困る
「少しでも迷っている様子ならば、“いいじゃん、乗ってよ”なんて言えますけど、“ここで失礼します!”って断言されたら、取り付く島もないですからね」(Aくん)

Aくんは、乗車を迷っている女の子に対しては、強引にアプローチすることができるけれども、きっぱりと「乗りません!」と言われてしまうと、それ以上何もできなくなるのだそう。

一度、タクシーに乗ってしまうと、男性も「今日はイケるかな?」と勘違いしますから、その後の展開が面倒です。タクシーに連れ込まれそうになったら、手遅れになる前に「ここで失礼します!」と宣言しましょう。

 
2:「私、車酔いするんですよ」
「昔、女の子に“私、車酔いするからタクシー乗りたくありません”って言われたことがありますね。あっけにとられて、そのまま解散しちゃいました」(Bくん、27歳/会社員)

何と、車酔いを理由にタクシー同乗を断わられたというBくん。お酒を飲んだ後だったので、車内で嘔吐されても困ると思い、女の子とそのまま別れたのだとか。
近くにホテルがある地域では注意!
 

とはいえ、近隣にホテルがある地域だと、「じゃあ、少し休んで行こうよ」と話が先に進みかねません。「帰りたくないのかな?」なんて勘違いされるリスクもありますね。

この方法はあくまで、“近くにホテルがなくて、タクシーで連れ込もうとしている予感がするとき”に使いましょう。

 
3:「これから彼氏の部屋に泊まるんで!」
「女の子を酔わせて、タクシーで“お持ち帰り”を狙ったんですけど、最後の最後、“今日これから彼氏の部屋に泊まりに行くんですけど”って言われて、ガックリしたことがありますね」(Cくん、27歳/会社員)

嘘か本当かわからないけれども、タクシーを停めて“いざ、連れ込もう”と思った瞬間にそう言われてしまい、Cくんは萎えてしまったのだとか。
連れ去ることはできない……
「泊まるってことは、彼氏に連絡が行っていると考えるのが普通ですよね。そんな女の子を連れ去るような真似はできません。その子の言っていることが本当なら、彼氏に殴り込みされそうですもん」(Cくん)

彼氏持ちであることを告げられただけでなく、解散後に彼氏の部屋へ泊まりに行く予定だと宣言されてしまうと、よほどの強者でない限り、男性はその女性を諦めざるを得ません。

つまり、男性に強引にタクシーに連れ込まれそうになったら、嘘でもいいので「これから彼氏の部屋に泊まるんで!」と言いましょう。

怖い彼氏に殴り込みされたくはありませんから、ほとんどの男性が「そっか……じゃぁ、またね」と一人でタクシーに乗って帰って行くに違いありません。

 

いかがでしたか?

タクシーに乗れば、終電後も飲みに連れまわされてしまう危険性がありますし、そのまま帰してもらえないことも少なくありません。「もう今日は帰りたい!」と思ったら、これらのテクニックを使って、タクシー乗車を断りましょう。

 

関連記事(外部サイト)