【隠れた好きにドキッ】「付き合って…」と言われるステルスLINEテク

【隠れた好きにドキッ】「付き合って…」と言われるステルスLINEテク

記事画像

みなさんは、気になる男子がいるとき、LINEでどんな風なやりとりをしていますか? 仲良しにはなっているけど、なかなか最後の「付き合おうよ」が引き出せない関係……って結構ありますよね。そこで今回は、『モテ女子になれるLINE恋活』の著者、塚田牧夫さんに気になる彼に「付き合おうよ」と言わせる方法をお聞きしました。

1:スクショしちゃった?
塚田「彼から“かわいかったよ”とか嬉しい言葉を送ってもらったとき。彼が自分の写真送ってきたり、かっこいい言葉を送ってきたりしたとき。効果的に使えるのが、“スクショしちゃった?”です。実際にスクショした画像を送りつけるといいですね。

“やめろよw”と言うと思いますが、実際はうれしいもの。自分の言葉や写真をそんなに大事にとっておくのか……と思うと、相当強く“俺のことそんなに好きなんだな”と感じますよね。

でも、もしかしたら“面白い”からスクショしているのかもしれない。からかうためにやっているだけかもしれない。そういうインダイレクトさが想像をかきたて、さらに効果的。

“……とはいえ、勘違いされると困るだろうし、好きじゃないとやっぱりしないよな”と、彼が結論を出してくれたとき、“付き合おうよ”はグッと近づきますね」
こういうカウンターはLINEならでは!
送った自分の言葉や写真をスクショされる……。攻めたつもりがカウンター。こういったワザが使えるのもLINEならではですね! ぜひ覚えておきましょう。

 
2:こんなにすぐ会いたいのはじめてw
塚田「彼とデート後に、いちゃいちゃLINEができているときに使いたいのが、“こんなにすぐ会いたいのはじめてw”です。好きと言ってはいませんが、好きと言うよりも強烈に、“大好き”な気持ちが伝わるでしょう。

しかも、“はじめて”と言っていますから、“いままで見てきたいろいろな男子のなかで、一番惚れてる!”というメッセージになりますね。

実際はそこまで思っていなくても、こういう特別感を演出することで、相手も“俺もだよ”と真面目にのっかってきます。告白まで時間の問題でしょうね」
「ビッチ」なイメージも大逆転!
男子は女子の「はじめて」になりたいですし、彼女のなかで「一番」になることを喜びます。この2つを同時に感じさせる、すごいLINEですね。

また、もし「遊び人」や「ビッチ」なイメージがついていたとしても、「こんな気持ちになったのははじめて……」ということで、いままでは恋を知らなかったんだろうなぁと拡大ポジティブ解釈される効果も!

 
3:なんか行きたくないなー
塚田「いつも仲良く遊んでいるけど、まだ付き合ってはいない……。そんなときに飲み会や合コンの誘いがあったら、積極的に参加しましょう!

しかし、彼にはこのように送ってください。“なんか行きたくないなー”。前日や当日が効果的ですね。“●●くんと会ってるほうが楽しいしw”と続けると、さらにいいですね。好きなんだなってことが可愛く伝わりますよ。

“何時に終わるの?”“終わったら会う?”なども引き出せるかもしれません。

その後、会う・会わないは別として、“終わったら連絡するねー!”と送っておけば、そのLINEが送られてくるまで、彼はソワソワした気持ちで待ってしまうはず。

“もうひとりじめしたいな”という気持ちが起きて、近いうちの告白も考えるでしょうね」
LINEだからこそ効果的!
こういう話って、電話や直接会ってだと、「で、行くの? 行かないの?」的に嫌なトーンで詰められやすく、なかなかめんどくさい状況になりがちですが、LINEだと相手も冷静に返してくるし、スルーもできるので、こちらのペースでスムーズに進めそう。

途中でみんなで写っている写真などを送れば、嫉妬と安心の入り混じった複雑な感情を起こさせて、さらに「早く会いたい」と強く思わせることができるかもしれませんね!

 

気になる男子に「付き合おうよ」と言わせちゃうLINEテクニックを教えていただきました。こちらから「好き」とまで言うと、告白みたいになっちゃって重いけど、上記のような「隠れた好き」なら、「これなら告白してもOKだな!」と思わせられますね。有効活用してください!

 

関連記事(外部サイト)