LINEでわかった!男が「この子好きかも」と自覚した瞬間4つ

LINEでわかった!男が「この子好きかも」と自覚した瞬間4つ

記事画像

「あの子、何だか気になるなぁ……」恋愛の初期段階にある男性。最初に抱くモヤモヤした感情は、どの瞬間に“好き”へと変化するのでしょうか? 今回は男性が「オレ、あの子が好きだ!」と“自分の気持ちに気づいた瞬間”についてご紹介します。 

1:LINEを送ろうかと悩んでいるとき
「普通の女の子なら、“送る”or“送らない”の二択じゃないですか。LINEを送ろうか、送らないほうがいいか悩んでいる時点で、その子のことが好きなんだと自覚しますね」(Aくん、27歳/会社員)
悩む=気にしてる!
確かに、LINEを送ろうかどうか“悩む”という行為自体が、相手のことを気にしている証拠のようなものですよね。好意を抱いていない“どうでもいい女”には、相手の気持ちなど考えずバシバシとメッセージを送れるはず。

「こんなLINE送って大丈夫かな?」と“気にしちゃう”ことで、自分の好意を自覚する男性は少なくありません。誰だって、好きな人には嫌われたくないんです。

そんなことで恋心を自覚するなんて……男性にも可愛いところありますね。

 
2:上手に話せないとき
「普段は饒舌なタイプなんですけど、その女性の前でだけ口下手になると、“あぁ、オレこの子のことが好きなんだな”って思いますね」(Bくん、25歳/会社員)
あれ……オレ緊張してる?
まるで恋する乙女のようなBくん。普段はペラペラとマシンガントークで周囲を笑わせているそうですが、好きな女の子を前にすると、急に緊張してしまい、言葉が詰まるようになるのだとか。

そういうことがあると、Bくんは「どうして緊張してるんだ、オレ!?」と自問し、「きっとこの子のことが好きなんだ!」という結論に至るのだいいます。どんなに饒舌な男性でも、好きな子の前では口数が少なくなりがちなんですね。

あなたの前でだけ“無口”になる男性は、要チェックです。それは彼があなたに対して好意を抱いている証拠かもしれません。

 
3:ベッドの中で思い出すとき
「寝る前に、顔が思い浮かぶと“恋してるかも”って思いますね。普通の相手は、何もないときに思い浮かんだりしませんから」(Cくん、27歳/団体職員)
闇夜に顔が思い浮かぶ……
またしても恋する乙女のような回答が出てきました。ベッドに入り、眠りに落ちる前、ふと女性の顔が思い浮かぶと、その子への好意を自覚するというCくん。さらに、その子のことを考え始め、眠れなくなると「これは本物だ」と思うのだとか。

つまり、就寝前の男性に。自分の存在を思い起こさせることができれば、彼があなたのことを“意中の存在”だと見なしてくれる可能性があるんです。

就寝前の時間を狙ってLINEで連絡を取ったり、SNSを更新したりして、就寝前の男性に自分の顔を“植え付ける”ことができれば、あなたは彼の“意中の人”になれるかもしれませんよ。

 
4:二人で飲みに行きたいと思ったとき
「二人だけで飲みに行きたいなと思ったら、“これは恋だな”って思いますね」(Dくん、26歳/会社員)
この子とは二人だけで!
仲間たちとワイワイ大人数でお酒を飲むことが大好きだというDくん。しっぽりとサシ飲みするよりも、大宴会が好きだと言います。それなのに「この子とは二人で飲みたいなぁ……」と感じると、Dくんは自分の隠れた恋心に気がつくのだそう。

普段、大人数で飲みに行くことを好む男性が、突然「サシ飲みしようよ」と切り出して来たら、それはあなたに対して好意を抱いている証拠……なのかもしれませんね。

男性からの「二人で飲もうよ」は、「君のことが好き!」と同じ意味を持っていると言っても過言ではありません。

 

いかがでしたか?

世の中の男性たちは、こんな瞬間に自分の恋心を自覚するようでした。自分の気持ちに気がつく瞬間に関しては、男女差ってあまりないのかもしれませんね。

 

関連記事(外部サイト)