【したくなくても…?】男子が「本命だけにしてあげる」ベッドテク4つ

【したくなくても…?】男子が「本命だけにしてあげる」ベッドテク4つ

記事画像

みなさんはベッドをともにした相手の“本当の気持ち”が気になってしまったことはありませんか? あるいは、最近冷たい彼氏の“本当の気持ち”をはかろうとしたことは? 今回は『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに「男子が本命だけにしてあげる」ベッドテクを教えてもらいました。

1:優しい“清潔感”
箱崎「女子を気持ち良くさせることが大好きな男子もいますから、単純にベッドでの彼が熱心だとか一生懸命かどうかでは、相手の本当の気持ちはわかりません。

では、“本命相手”にはどういうところが変わるのか?

まずは、清潔感ですね。エッチというのは、不潔な状態で行うと様々なリスクがあります。だからこそ、そんなの気にせずイキナリ!……というのも興奮できるのですが、これはさすがに本命の子にはやりません。

快感を与えたいけれど、それ以上に、彼女に嫌な思いをさせたくない。そういう優しさが見えたとき、“本命”だと思っていいでしょう。

彼はちゃんと、事前に手を洗ってくれていますか? 爪はキレイですか? 単純に不精なだけのこともあるので、指摘したときに、なおしてくれるかどうかで、判断してみてください」

 
2:さわってあげなくてもOK
箱崎「これは“本気で惚れている”という意味で、“本命”のパターンですね。気持ちはどうあれ、体は抗えず、あなたのことが大好きなとき、ベッドで彼のカラダにさわってあげる必要すらありません。そんなことをしなくても、じゅうぶんすぎるほど興奮しているからです。

もし彼が、さわってあげないと興奮できないのであれば、気持ちはどうあれ、カラダ的には“本命”とは言えないでしょう。ちょっと悲しいですよね。

逆にたとえば、“相手に彼氏がいる”などの場合でも、このように興奮マックスなのであれば、押せば手に入れることができますよ」

 
3:したくなくても、したいフリ
箱崎「さっきとは逆パターンで、相手があまり興奮していないのに、なぜか“しようよー”と定期的に誘ってくる場合。これも、ある意味“本命”だからと言っていいでしょうね。

“しないと嫌われてしまうかもしれない”、“浮気されてしまうかもしれない”と思っているわけです。

本命と遊びの違いは、“失う恐怖”があるかどうか。

自分は別にしたいという気持ちが起きていないのに、がんばってしようとしてくるなんて、結構本気度が高いですよ」

 
4:すねる、いじける
箱崎「“本命”の子がいるときは、男子だって浮気は考えないですから、自分がしたいことを拒まれると、他にその気持ちの行き場がなくなります。

そこで彼が使えるテクは、相手にすねたり、いじけたりすることくらいなんですね。

もし本命じゃなければ、強引にしてしまったり、怒ったり……。先ほども申し上げましたが、嫌われてもかまわない、失ってもいいと考えていますから。

また、“だったら、他の子とすればいいや”とも思いますよね。

とはいえ、いくら本命でも、あまりにも拒まれ続けたら、“もう他の子としようかな”が先立ち、“この子のことはもうそんなに好きじゃないや”と気づくというプロセスを踏んでしまいますから、かわいくいじけたりしてくれたら、少しは要求にこたえてあげたほうがいいかもしれませんよ」

 

男子が本命だけにしてあげるベッドテクを4つご紹介しました。どれだけがんばってくれるのかと思いきや、結構、繊細な気持ちを読み取ることが大事みたいですね。自分が“遊びの女”になっちゃっていないか、チェックしてみてください。

 

関連記事(外部サイト)