告白されたらめんどくせー!男が「脈ナシを伝える」LINEテク3つ

告白されたらめんどくせー!男が「脈ナシを伝える」LINEテク3つ

記事画像

男も女も、好きじゃない人から告白されて“お断り”をするのは結構なストレス。そうならないために、男性たちはよく“あるLINEテクニック”を使うのだといいます。つまり、女性に“脈ナシ”を悟らせるLINEテクニック。男性たちはどんな方法を使っているのでしょうか?

1:変なスタンプを使う
「反応に困るようなスタンプを送り付けて、会話が途切れるのを狙いますね。一回、会話が途切れると女の子も“脈ナシかな?”って気づいてくれると思うんです」(Aくん、24歳/会社員)
わざと返事を困らせる
女性とのLINEを途切れさせ、暗に「君とはLINEしたくないんだ」という気持ちを伝える際、奇妙なスタンプを送って、女性をわざと困らせるというテクニックだそう。

奇妙なスタンプを送られ反応に困ってしまい、そのままLINEのやり取りが自然消滅……そういう展開を狙ってるんですね。

変なスタンプでもそれを女性に送ってしまえば、一応は“返事をした”という言い訳ができますから、男性が罪悪感を覚えなくて済むという側面もあります。

「何これ?」と思うようなスタンプが送られてきた場合、彼はあなたに興味がないのかもしれません。

【あきたらこの記事】「本命の子にだけ送る」ファーストLINEとは?(今週のMenjoy!)

 
2:翌朝まで既読をつけない
「よくやるのは、夜にLINEがきても返事をしないってテクニックですね。夜の間に返事しちゃうと、またメッセージがくるんで、翌朝に返事をします」(Bくん、26歳/公務員)
暗に“興味ナシ”を匂わせる
夜の時間帯にLINEの返事を送ってしまうと、そこから女性とのやりとりが始まってしまうので、興味のない女性に対して、返事をするのは翌朝に先延ばしするというBくん。

確かに男性が仕事をしていないであろう夜の時間帯にLINEをしたのに返事がないとなれば、女性としては“脈ナシ”を考える必要が出てきます。彼があなたに対して気があるのであれば、返事はすぐにあるはずです。

“寝落ち”したことにしてLINEのやり取りを寸断し、翌朝に「そうだね。じゃぁ、仕事行ってくる!」と強引に会話を切り上げる……。寝落ちでまったく会話にならないということが続いたら、勘付いたほうがいいかもしれません。

 
3:だんだん文章を短くする
「逆恨みされるのは嫌なので、好きじゃない女の子ともLINEはします。でも、だんだん返事をするスピードを落として、文章を短くして、いかにも“興味を失った”という雰囲気を作り出しますね。そうすれば女の子も察してくれますから」(Cくん、24歳/会社員)
フェードアウトを狙う
形式的にLINEのやりとりはするけれども、ゆっくりフェードアウトを試みるというCくん。だんだん文章を減らし、興味がないということを相手の女性にアピールするのだとか。

最初は普通にLINEをしていたのに、彼からの返事がだんだんと短文になり、いつの間にか既読スルーになる……そんなことがあればその男性は“脈ナシ”なのかもしれません。

逆に考えれば、いつまでもLINEのやりとりが続き、ちょっと“長め”の文面が送られてくる場合、その男性はあなたに興味アリ!な可能性も。

 

いかがでしたか?

もちろん、これらの傾向があるからといって、必ずしも“脈ナシ”だとは限りません。単に彼が“LINE無精”というパターンもありますから、彼のことを諦める前に、文章を書くのが苦手なだけなのか、あなたに興味がないのか、見極めてくださいね。

 

関連記事(外部サイト)