めんどくさ…「元カレじゃないのに」元カレっぽく振る舞う彼の共通点

めんどくさ…「元カレじゃないのに」元カレっぽく振る舞う彼の共通点

記事画像

付き合ったことがあるわけでもないのに、元カレのように振る舞う男子、どうさばいていますか? 古い知り合いやよく会う友人なだけなのに、まるで元カレみたいに知ったような顔をされたら、いくら長い付き合いでもゲンナリですよね。元市議ライターの筆者が、元カレぶった振る舞いをしたがる男子をじっくり観察して、共通項を見つけ出しました。

1:極度な見栄っ張り
元カレでもないのにまるで元カレのように振る舞いたがる男子の多くは、極端な見栄っ張りであるケースも珍しくありません。

その場にいる同席者に対し、「俺は、コイツのことをこんなに知っているんだぜ! お前らより親しいんだぜ!」という見栄を張りたいがばかりに、元カレでもないのに元カレのように振る舞おうとするのです。

男子の見栄のために、過剰に親しさアピールや知ってるアピールをされまくる女子の立場になってみれば、たまったもんじゃないですよね……。

あまりにも、「コイツってさぁ〜」なんて“俺はこの女子をよく知ってる”アピールされまくれば、「もしかして、昔付き合ってた?」なんてあらぬ誤解すら招きがちです。

 
2:しばらくの間恋人ナシ
ずっと彼女がいなくて、寂しさでも感じているのでしょうか。

筆者の周囲で、元カレでもないのに「俺は、この子のことをよく知ってるぜ」的な振る舞いをしたがる男子は、全員しばらく恋人がいません。

恋人がいなかった寂しさや負い目を埋めようとするのか、親しい女子のことをイジったり貶したりしてまるで元カレのような振る舞いをしつつ、同席者の笑いや関心を得ようとする傾向を発見しました。

恋人がいれば関心は恋人に向くはずですが、しばらくシングルなだけに、身近な女子をイジって疑似恋愛を楽しむような心理が働くのかもしれませんね。迷惑なお話です。

 
3:負けず嫌い
元カレでもないのに元カレ風に振る舞う男子は、同席者に対し「俺は、この子のことをお前らより知ってるぜ!」というアピールをしたい心理も垣間見えます。

そして、筆者が知るこの手の男子は、なんと全員、性格が“負けず嫌い”なことも発見しました。

恋人でもない女子のことを深く知っているからって、実はなんの自慢にもならないはずなのに、負けず嫌いの性分が災いして、同席者よりも親しさを演出したがったり、知ったかぶりをしたがったりしてしまうようです。

ターゲットにされた女子としては、なんとも面倒くさい話ですよね。

 

以上、元カレでもないのに、元カレ風に振る舞いたがる男子の意外な共通項を3つお伝えしました。

元カレでもない男子に元カレっぽく振る舞われてしまえば、同席者から「元恋人?」なんて誤解だって招きかねません。

こんな特徴のある男子とは、不必要にイジられないよう距離を置くほうが賢明なような気がします。

 

関連記事(外部サイト)