悲惨…「1グループ1パーソン」の掟を破った女子の悲劇な末路3つ

悲惨…「1グループ1パーソン」の掟を破った女子の悲劇な末路3つ

記事画像

恋愛の鉄則、“1グループ1パーソン”が守れない人っていますよね。同じグループあるいはチームに属している男子なり女子なりを手当たり次第に口説きまくって、関係を持ってしまう人です。ターゲット同士が繋がっていれば、いずれバレるのに……ッ! 今回は、そんな掟破りな人々の悲惨な末路を実話でお届けします。

1:いまだに独女な女子A
現在35歳になる独女Aは、筆者の周囲では“1グループ1パーソン”の掟破りで有名な女子。

筆者が知り合ったのは3年ほど前になるのですが、「あの子、出会った男子とスグ関係しちゃうんだよ〜」と、評判なお方でした。

「ふむふむ、そうなんだー」と思っていた筆者が、3年にわたって彼女の行動を静かに観察してきたところ、確かに、飲み会やら食事会やら、はたまた仕事関係者に及ぶまで、出会った男子とスグに関係を持ちまくり! さらに、同じ属性の中で2人に手を出すのなんて当たり前っ!というアグレッシブさ。

筆者はラッキーなことにAと関係を持った男子1名に話を聞くことができたのですが、「参った。俺の先輩ともヤってたらしくて、ダマされた」とご立腹の様子。

そんなAは、「婚活中です(ハート)」が口癖ですが、いまだに独身ですし、筆者が知り合ってからマトモな彼氏すらできたのを見たことがありません。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:離婚に至った悲劇の女子B
ちょうど39歳になったばかりのBは、去年離婚したばかりのバツイチ女子。

筆者が知り合った頃には結婚していたのですが、離婚に至った話を聞いて衝撃を受けた人物です。

なんと、「もともと価値観の違いが凄すぎて、離婚の直接の原因はソコなんだけど、実は私、独身時代に夫の友人とヤッたことがあるのがなぜかバレてた。夫が離婚したがったのは、それもあるのかな〜」と、笑っていました……。

「結婚する時にはバレていなかったはず」とのことで、どこかでご主人に真実が知れてしまったのでしょう。

独身時代の話とはいえ、自分の友人と深い仲になった妻をもらった夫としては、複雑な心境になったのでは……。「離婚の直接な原因ではない」とのことでしたが、“1グループ1パーソン”の掟破りの結果、悲劇を加速させた可能性はありますよね。

 
3:飲み会に呼ばれなくなった女子C
「とにかく彼氏が欲しいッ! 結婚したいッ!」が口癖のCは、今年39歳のアラフォー女子。

しかし……、“1グループ1パーソン”どころか、“1グループ3パーソン”の時もあるほど、アグレッシブすぎる肉食っぷりで関係を持ってしまうのが常。

聞くところによると、社会人になってからのデビュー組だそうで、学生時代は地味で内気な子だったとか。

オトナになってメイクやファッションを覚え、男性からチヤホヤされることに快感を得てしまった結果、相手となる男性同士が繋がっていても“おかまいなし”

しばらくそんな珍行動を続けた結果、合コンではない仲間内の飲み会すらCには声がかからなくなってしまいました。

ちなみに筆者は、「ご主人のお友達紹介してッ!」としつこく頼まれましたが、怖くて紹介できませんでした……。みなさんだったら、どうしますか?

 

以上、“1グループ1パーソン”の掟を破った女子たちの悲惨な末路を3実話ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

“1グループ1パーソン”はもちろん法律で明記されているルールではないものの、自分の知り合いと関係を持ったと知ってまで、深入りしようとする男子は稀です。

あなたの周囲にも、こんな掟破りな女子に心当たりがありますか……?

 

関連記事(外部サイト)