これで対等に!? 「ムリ目な男」にLINEする前にするべきこと3つ

これで対等に!? 「ムリ目な男」にLINEする前にするべきこと3つ

記事画像

「私には高嶺の花かも……」と思ってしまう“ムリ目”な男登場。そんなときにかぎって、女って頑張りすぎてしまうもの……。高まる心をコントロールして、恋愛ゲームを対等に進めていくには、どうすればいいのか? 今回はLINEでのやりとりにスポットライトを当てます。ムリ目な男へLINEを送るときには、一呼吸して、以下を意識してみて。

1:内容に悩まないようにする
恋愛感情ゼロの男友達にだったら、どんな内容のLINEを送るか悩むことなどありませんよね。

ところが、ムリ目男子に対してはLINEを送る前に下書きを作ったり、「これを送ったら彼からこう返事が来て……」と、まだ起こってもいないことを考えたり。

実は筆者も似たような経験がありますが、変に考えすぎてしまうと、思った通りの展開にならなかったらアタフタしてしまうだけ!

恋愛は相手あってこそ成り立つものなので、自分の頭の中で勝手に都合の良いシナリオを作っても、相手がその通りに動いてくれる保証などありません。

仮にシナリオ通りに返信がきたとしても、焦って早速考えていた内容を返信してしまうと、思いもよらない返しの早さに、相手をドン引きさせるリスクもあります。

最初から展開を想像していなければ、次に自分がどう動くべきか考える必要があるので、彼のLINEに即答するのを防げて、相手に余裕を感じさせることが出来るでしょう。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:彼の欠点を思い浮かべる
ナカナカ手に入りそうにないムリ目の男が相手だと、気持ちが彼を追い求めているだけに、何かとペースを握られがち……。

実はそれほど大した男でもないのに、自分の中で作り上げた彼の誇大イメージに恋している場合もあるので、ここは少し心を落ち着けて、彼の欠点を思い浮かべるようにしましょう。

そうすれば、はやる気持ちを抑えることができ、切羽詰まったようなLINEを送信せずに済みます。メッセージを送るにしても、好き好き光線満載な内容になることはないでしょう。

じつはそうでもないときに「好きなのかな?」と思わせるのは良いですが、本気で好きなときに、それを見抜かれてしまうと恋愛ゲームはオーバーなので、この方法は忘れずに行うようにしましょうね。

 
3:返事がなかったら相手は死んだことにする
そして、ムリ目な男にLINEを送って返事がなければ、相手は死んだと思っておきましょう。

人気海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』で登場人物のミランダが、「私は男から連絡がなかったら、相手は死んだことにしてる」と言うセリフがありました。

劇中では、本当にデート相手の男が死んでいたというオチだったのですが、筆者と女友達もこのミランダの教訓に従っています。

時には、“死んだことにしていたLINEをくれない男”と、ガールズナイトで出かけた先でバッタリ遭遇することもあるのですが、そんな場合は「な〜んだ、生きてるじゃん!」とか、「また息を吹き返したな」と言って笑いのネタにしちゃうのです。

 

いかがでしたか!?

ちょっとハードルが高そうなムリ目な男でも、ダメもとでアプローチする分には問題ありません。

ですが期待はせずに、「返事があったらラッキー」ぐらいに思っておくことを忘れずに!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

関連記事(外部サイト)