「もぉ〜…素直になれよっ!」男子にハッキリ好きって言わせるテク

「もぉ〜…素直になれよっ!」男子にハッキリ好きって言わせるテク

記事画像

「あの人、絶対私のこと好きだろうなぁ」ってバレバレな男子っていますよね。でも、態度で察していても、本人から口に出して「好きです」と言ってもらえるのは嬉しいものです。今回は、そんな“態度には出しているのになかなか言葉にしてくれない男子”から告白を引き出すにはどうしたらいいのか? ホステスの雅さんに、テクニックを教わりました。

1:「都合のいい女になるつもりはないから」
雅「女性側のタイプによってもテクニックは変わってきますね。まずはちょっと強気な女性の場合です。

相手に強気に出られる女性なら、ハッキリしてもらいたいということを伝えるために“私、都合のいい女になるつもりはないんだ”と伝えてみるといいでしょう。

もちろん、この言葉をそのまま言えない場合は、飲みの席などで“私、付き合うならちゃんと告白してくれないとダメなんだよね〜”と、自分の信条として彼に示しておくのも一つの方法です」

彼が都合のいい女としてあなたを見ている可能性があるときに、牽制としても使えそうなフレーズですね。

【新登場】LINE・キス特集「まとめてみたら、とんでもない●●記事が…」(編集部談)

 
2:「色んなところに一緒に行きたいな」
雅「次に、天真爛漫で相手を癒す系の女性の場合。

2人でどこかに遊びに行ったときに、“○○君とは、一緒に色んなところに行ってみたいな”と伝えてみましょう。

彼が“そうだね、これからも色んなところに行こう”という感じだったら、それはこれからもあなたと一緒に居たいという意思があるということです。

逆に“ああ〜”とはぐらかされたり、会話をスルーされたりするのなら、彼はあなたとの時間をそんなに大事に思っていないと思っていいでしょう」

女性の気持ちを整理すると、「色んなところに一緒に行きたい」=「これから先も一緒に居たい」=「彼氏になってほしい」です。このセリフを聞いて、友達として仲良くしていたいと受け取るような鈍感な男性はなかなかいないでしょう。

そのときの彼の反応がわかりづらかったとしても、その後の対応に何かしら変化はあるはず。それを見逃さないようにしましょうね!

 
3:「そういうことは彼女にいいなよ」
雅「最後に、男友達が多く、比較的さばさばとして誰とでも仲良くなれるタイプの女性の場合です。

彼が自分を女性として意識しているようなことを言ったら、“そういうのは彼女に言ってあげなよ”と冗談っぽく伝えてみるといいでしょう。

これは“他に彼女がいる”、または“彼女にしたい女性がいる”ことを前提としたセリフなので、彼があなたのことを好きな場合は、誤解を恐れて“そんな相手いないよ!”と否定してくるはずです。

運がよければ、“○○だから言ってるんだよ”とか“彼女にしたいのは○○だよ”という言葉が引き出せるかもしれません。それはもう、ほぼ告白ですよね」

相手に彼女がいる前提というのは、色々な場面で使えますよね。

好きを匂わせているわけではなく、自分が彼のことを気になっていて、彼女がいるかどうかを知りたい場合や、自分が彼女候補になり得るのかどうかを知りたい場合などにも便利です。
他の男性の話をして焦らせるのも有効!?
好きを匂わせているのに、告白する勇気がないような男性には、こちらからそれを手助けするのも重要な場合があります。

そんなときは、他の男性の話をするのも有効。

ちゃんと告白しないと誰かに取られてしまう!と焦れば、彼も勇気をもってハッキリ「好き」と言ってくれる可能性も出てきますからね。

ただし、あまり他の男性の話ばかりしすぎてしまうと、脈がないと思われてしまうので注意が必要です。

 

男らしさって色々とありますが、昔ほど男からガンガンアピールするものという風潮でもなくなっている現代。それでもやっぱり男の人からしっかり告白をしてもらいたいのが女心ですよね。

ただし、少しだけそれを手助けするくらいならしてもOKではないですか? 晴れてお付き合いができるようにお互いが少しずつ歩み寄れると最高ですね!

 

 

【取材協力】

雅・・・新宿歌舞伎町にあるお店で働いているホステス。ハプニングバーで働いたことからMな男性を操るのが得意。容姿端麗で留学経験をもつ才女。モットーは「お酒を操る女はモテる」。

関連記事(外部サイト)