「ちょっと炊飯器買ってくる」…嘘でしょ!? 彼に料理をお願いした結果

「ちょっと炊飯器買ってくる」…嘘でしょ!? 彼に料理をお願いした結果

記事画像

「いつも自分が作ってあげているけれど、たまには彼の作ってくれたものが食べたいなぁ……」なんて気持ちになることもありますよね。男性が料理にハマると、女性よりよほど凝ったものを作ってくれることも。ですが、お願いした結果、ヒドイ悲劇を生むこともあるようで……!? 今回はそんな経験談を女性陣に語ってもらいました。

1:家にある調味料は全部買い替え
「彼が私の家で料理を作ってくれるって言うから、喜んでたんですけど、うちのキッチンを見て“調味料が結構古くなっちゃってるから全部買い替えだね”って……」(Tさん/29歳)

――そんなに古くなってたんですか?

「いえ、消費期限は過ぎてなかったですし、砂糖がちょっと固まっちゃってるとかそういう感じでした。でも彼は“開封してすぐの調味料じゃないと味が落ちるんだから”って言い張って」

――調味料だけで、かなり高額になりそうですね。

「そうなんですよ。しかも全部良い者を買おうとするから。結局古い調味料は私が一人で食べるときだけに使うことになりました。料理は美味しかったですけど、費用のこと考えると割りに合わないなぁって」

たしかに開封してすぐの調味料の方が、味や風味は良さそうですが、「こだわるところはそこか?」と言いたくなります。

 
2:肉はとにかく高いものを……
「彼の家ですき焼きパーティーをすることになったんですけど、彼がとにかく高いお肉ばっかり買ってて」(Eさん/28歳)

――費用は彼持ちですか?

「いいえ、後でレシート見せられて半分お願いって……」

――そこでお肉の値段を知ったと?

「そうなんです。美味しくてたくさん食べちゃってたから、もちろんお金は払うし、それはいいんですけど。こんなに高いお肉ならそりゃ美味しいよ!って。それからは彼に料理はお願いしないことにしました」

素材が良ければ、腕はそんなになくても美味しいものは作れます。本当の料理上手は、素材が普通でも普通以上の味を出せるもの。結婚してもこういう夫に料理を任せると、破産してしまいそうですね。

 
3:炊飯器を買い換える!?
「私が風邪で寝込んでるときに、彼がうちに来てご飯を作ってくれるっていうから、すごく喜んだんです。でも、彼がいきなり寝室にやってきて“ご飯が美味しく炊ける炊飯器買って来てもいいかな?”って」(Sさん/29歳)

――炊飯器からですか!?

「あり得ないでしょ!? たしかにそんなに良い炊飯器は使ってなかったですけど、普通に食べても美味しいと思えるものだったし、“まだまだ使えるからそんなの要らないよ”って言ったんです。そしたら彼の機嫌がちょっと悪くなっちゃって……」

――もしかして家電大好きな感じの彼ですか?

「そうなのかもしれません。新しい家電とか観にいくの好きだったから。結局ご飯は作ってくれたんですけど、そのまますぐに帰っちゃって。こっちが謝らないといけなくなって、風邪を引いていたのに、色々苦労しました」

素材以前に家電から買い換えようとするなんて……。ですが、男性のこだわりってこういうところに現れることも結構ありますよね。

 

たまにしか料理をしない人は、費用のことを考えずにいろいろと良いものを揃えようとする傾向にあるようです。毎日彼が料理をしてくれるというのなら、それにも目を瞑れるかもしれませんが、一度の料理のためにその出費は痛いですよね。

彼が料理を作ってくれるというときには、あまりこだわりを発揮しすぎないようにきちんと見張っておかないといけなさそうです。

 

関連記事(外部サイト)