ぷぷぷっ…ちょっと無理!「キザ過ぎて笑えた」男からの告白セリフ4つ

ぷぷぷっ…ちょっと無理!「キザ過ぎて笑えた」男からの告白セリフ4つ

記事画像

男性から告白してもらえる瞬間って、何度経験してもドキドキして嬉しいですよね。ですが、その告白が余りにもキザだったら、あなたならどんな反応をしちゃいそうですか? ドラマなどではキザなセリフで女性を口説いているシーンが様になって見えますが、それは役者さんだからこそ。実際にキザ過ぎる告白をされて笑っちゃったエピソードを聞いてみました。

1:「運命の赤い糸って信じる?」
「ご飯食べてから、ホテルのバーに一緒に言って、“あぁ、今日は告白されるんだろうな”って思ってたら、“運命の赤い糸って信じる? 俺にはそれが確実に見えるんだ……”って小指を立てながら言われて、思わず噴出しそうになりました」(Oさん/31歳)

ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ)では、主人公が何度も相手に「自分はあなたの運命の人だ」と伝えますが、これが現実に起きるとかなり可笑しい話になっちゃうんですね。

もしかしたら、場所やタイミング、言い方を変えれば、ロマンチックに聞こえるのかもしれませんが、小指を立てるのは反則です。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:「君が眩しすぎて……」
「ご飯食べてから、駅までの帰り道を歩いていたときに、“今日は満月だね”って話題をふったら、“そうだね。でもボクには君が眩しすぎて月の光なんて見えないよ”って言われちゃって……」(Uさん/29歳)

ーーそれは爆笑しそうですが(笑)。

「私も冗談かと思って相手の顔を見たんですよ。そしたら完全マジな顔してて、笑うに笑えなくて。とりあえず“ありがとう”って言っておきましたけど、そのままフェードアウトしました」

「君が眩しすぎて」なんて本当に言う男性がいるんですね。男性はロマンチックな人が多いといいますが、あまりにロマンチックすぎると、女性には理解できず冗談だと思われてしまう可能性もあります。

 
3:「君だけいれば他になにもいらない」
「付き合い始めてすぐくらいに“君だけいれば他になにもいらないんだ”って言われたことがあって、“そんなことないでしょー”って冗談っぽく返したら、ちょっと機嫌悪くなって“本当なんだよ!なんでわかってくれないんだ!”って怒られて、逆に怖くなりました」(Fさん/27歳)

ーー怖いですか?

「怖いでしょー。だって、私だけいればなんて言ってるってことは、休みの日とか絶対に毎日会いたいって言われるし、他の男友達と話してるのとかにも嫉妬されそうだし。盲目過ぎる男は怖いですって」

たしかに、一途な男性は魅力的ですが、あまりにも一途過ぎると、束縛や嫉妬も激しそうです。浮気の心配はしなくていい代わりに、彼に縛られることは覚悟しなくてはいけませんね。

 
4:「僕と君は一緒にいないとダメなんだ」
「何回か2人で食事に行ってたんですけど、私は友達以上の関係にはならないなって感じてたんです。でもある日、食事に誘われたのを断ったら“なんで? 僕と君は一緒にいないとダメなんだよ!”って言われて、“はぁ?”って(笑)」(Kさん/33歳)

ーーどんな発想だったんでしょうね?

「わかんないです。なんで一緒に居ないとダメなんだってちょっと怒りがわいてきたんですけど、逆に必死すぎて笑えてきて」

自分が一緒にいたいからと言って、さも当然のように「一緒にいないとダメ」と決め付けてくるような男性ってちょっと怖いですよね。

 

ロマンチックな状況に女性は弱いですが、あまりにも現実離れしたセリフを聞くと、人は笑ってしまうようです。

告白した男性たちは本気だったのでしょうが、残念ながら彼女たちに気持ちは伝わらないでしょう。でも男性が一生懸命考えた言葉なので、「気持ち悪い」などと一蹴してしまうのは可愛そうですよ。

 

関連記事(外部サイト)