「料理だけ写せばよくない?」男からナル認定される女の言動4つ

「料理だけ写せばよくない?」男からナル認定される女の言動4つ

記事画像

ナルシストって見ていてあまり気持ちがいいものではありませんよね。もちろん、その自己愛言動が似合う人もたま〜にはいますが、その確率はほとんどゼロに近いと言ってもいいでしょう。今回は、筆者が男性たちに「女性がどんなことしていると“ナル”だと思う?」とインタビューした結果をご紹介します。気をつけないと、やってるかも!?

1:デート中に鏡に映る自分を毎回見る
「元カノがデート中歩いているとき、鏡に自分の姿が映るとずっとそれを見ながら歩くんですよ。こっちの会話とか全然聞いてない感じで」(Kさん/28歳)

ーーそれはイラッとしそうですね。

「しますねぇ。で、毎回のように“やっぱり今日の格好ちょっと地味だったかなぁ?”とか納得してないような発言をするからさらにイラついて。“お前の格好なんて、みんなそんなに気にしてねーよ”って言いたくなりました」
自分で気がついていない人もいますよね
鏡だけでなく、反射するガラスなど、ちょいちょい自分の姿を見ている人っていますよね。意外と自分で気がついていないことも多いので、「自分の姿は見ないようにする!」と、しっかり意識しておきましょう。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:SNSの写真に必要ないのに自分を入れる
「SNSに必ず自分の顔を入れ込んでる女って、ナルシストなんだろうなって思いますね」(Uさん/25歳)

ーーそんな人います?

「いますいます! “今日のランチ!”とか言いながら、自分の顔のアップの後ろにランチの写真とか。何度も撮っていちばん映りがいいのとかを探したんだろうなって」
料理や風景だけじゃ意味ない?
確かにいますね……。「メインが違うだろ!」って言いたくなる人。やっている本人は、「料理や風景の写真だけじゃ、自分がアップする意味がない」と思っているかもしれませんが、男性からすると“ナル認定”な様子。気をつけましょう。

 
3:自信アリ発言プラス責任逃れ
「とにかく自分に自信があるような発言が多い人はナルシストでしょう?」(Wさん/30歳)

ーーえ? それはただの自信過剰では?

「あー、自信がある発言プラス責任を逃れようとする人かな。普段はそんなの簡単でしょみたいに言っておきながら、なにか失敗すると“初めてだったから”とか言い訳する人。自分のことしか考えてなさそうですよね」
自分大好きな証拠
自分が好きだと、責任回避をする……。確かにそうかもしれません。そして責任を追及されて責められると「責められて可哀相な私」になってしまうんでしょうね。まさに自己愛! これは“ナル認定”されても仕方ありませんね。

 
4:颯爽と歩く
「あまりにも颯爽と歩いている女性をみるとナルシストなのかな?って思います」(Hさん/26歳)

ーーアレはカッコいい女性じゃないんですか?

「うーん。仕事ができてスーツとかが似合ってて、サバサバしてる人が颯爽と歩いてるとカッコいいって感じることもあるけど、ただ歩き方がモデル風だったりするだけだと、見られていること意識してるんだろうなって」
あなた、急いでないでしょ?
姿勢よく歩く姿は格好いいですが、それは中身が伴ってこそ。とくに急いでいないのに、カツカツとヒールをならしながら、真っすぐやや上のほうを見つめて歩かれても、「なにしてんの?」ということで“ナル認定”!

 

いかがでしょうか? 自分大好きナルシストの女性は男性からではなく、同性からもあまり高い評価は得られない傾向にあります。

自分は違うと思っていても、言動からナルシスト認定されちゃうこともあるのでご注意を。

 

関連記事(外部サイト)