お風呂タイムで…彼の「興奮スイッチ」をONにするテクニック3つ

お風呂タイムで…彼の「興奮スイッチ」をONにするテクニック3つ

記事画像

彼の部屋にお泊まりデート。そのときのお風呂タイムは二人の愛を深める時間です。そんなとき、普通に湯船に浸かるだけでもいいですが、どうせならば彼とイチャイチャして、男性の興奮スイッチをONにしたいですよね。一体どのような方法を使えば、混浴中の彼の興奮を呼び起こすことができるのでしょうか?

1:彼を先に浴室に入れる
「自分が湯船に浸かっているタイミングで、彼女が“お待たせ”ってお風呂に入ってきたらドキドキしますね。女性があとから入ってくることで、期待値が高まるんだと思います」(Aくん、26歳/会社員)
あとから追いかけるようにして浴室へ
ホテルや旅館ならばともかく、彼の住んでいる一人暮らしの部屋で混浴するのであれば、脱衣所って狭いですよね。そんな狭いところで、一緒に服を脱いでも全然エッチじゃありません。

「先に入ってて」と彼に告げて、まずは男性のほうを先に浴室へと入れてしまいましょう。女性はその後に満を持して、お風呂の中へと“入場”すればいいんです。

先にお風呂に入っていた男性は、裸の女性を“今か今か”と待ちわびています。そうやって“焦らす”ことで、男性の興奮スイッチはONになるんですね。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:彼の身体を洗ってあげる
「彼女に身体を洗ってもらうと興奮しますね。背中だけじゃなくて、全身を洗ってほしいです。ゴシゴシ洗うというより、スキンシップ目的の優しい洗い方を期待しちゃいますね」(Bくん、26歳/公務員)
背中以外も洗ってあげましょう
“男性の背中を流してあげる”なんていうのは、はるか昔から、男が女性にしてもらいたいことの王道ですが、実際にBくんをはじめとした多くの男性がそれを望んでいます。

女性に身体を洗ってもらう。特に自分では手が届きにくい背中を洗ってもらうことで、男性は彼女の“献身的な愛”を感じ、嬉しくなるのでしょう。

“身体を洗ってもらっている”という行為自体に彼女からの愛情を感じますし、身体と身体のふれあいを通じて、男性の性的な気持ちも高ぶっていきます。

彼のきわどい部分などを攻めつつ、男性を“その気”にさせていきましょう。

 
3:湯船の中で抱き合う
「湯船の中で密着しているだけで、僕は興奮しますけどねぇ」(Cくん、26歳/会社員)
水中ハグで興奮!
せっかくの混浴なのですから、お風呂のお湯を使わない手はありません。

浴槽のお湯の中で抱きつくというのは、普段のハグとはまた違った感触があります。水の柔らかさと身体の温かさが混じり合い、普通よりも心地よい気持ちになれることでしょう。

湯船に浸かりながら、彼と身体を寄せ合い、ぎゅっと抱き合ってください。

また、その際に「ねぇ、ぎゅってしようよ」と彼におねだりすれば、女性のその可愛らしい姿で男性の心に火をつけることも可能です。

そうやって、男性を興奮させることができれば、お風呂からあがっても、彼の熱が冷めることがないでしょう。

 

いかがでしたか?

男性と熱い夜を過ごすためにも、お風呂に入る段階から少しずつムードを高めていくのは大切なことです。これらのテクニックを駆使して、彼の興奮度合いを高めてくださいね!

 

関連記事(外部サイト)