足を組むより品がない!男がガッカリする「映画デートでのNG行為」

足を組むより品がない!男がガッカリする「映画デートでのNG行為」

記事画像

まだぎこちない関係の二人でも遊びに行きやすい映画デート。並んで席に座り、スクリーンを観ているだけなのですから、失敗なんてしないはず……と思っていませんか? 実は、そんな黙って映画を観るだけのデートにも、男性から嫌われてしまう意外なNGポイントが隠れているのです。映画デートで引いちゃう女子の行動を、男子に聞いてみました!

1:どんなにつまらなくても寝ちゃダメ!
「上映中にふと隣を見て、女の子が寝てると、ガッカリしますね。つまらない映画を選んでしまったことを後悔します」(Aくん、27歳/会社員)
上映中の“寝落ち”はNG
男性が好む映画の中には、女性から見ると「つまらないなぁ……」なんて作品も少なくありません。そんなとき、だんだんと眠くなってくることがあるかもしれませんが“寝落ち”はNGです。

あなたが駄作だと思っていても、彼にとっては傑作で「最高だったね!」なんて、男女で正反対の感想を持つことだってあります。

寝落ちしてしまうと、ストーリーもわからなくなりますから、彼の話について行けなくなってしまいますよね。映画を観終った後、「超面白かったね!」と話す彼に向かって、「ごめん、寝てた……」と言わなければいけない状況を想像してみてください。なんとも気まずいですよね。

「つまらない映画を選んでごめんね……」と彼に謝らせてしまうことにもなりかねませんから、映画デートの前日はたっぷりと睡眠を取って、眠くならないようにしましょう。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:エンドロールで立ち上がらない!
「まだエンドロールが流れてるのに立ち上がって、帰ろうとする子は嫌いですね。エンドロールまで含めての映画ですし、最後にちょっと映像があるかもしれないじゃないですか」(Bくん、27歳/飲食業)
シアターが明るくなるまで待機
映画の本編が終わり、エンドロールが流れ始める……そんなときに「あぁ、面白かった」と席を立ってはいけません。

エンドロールを見ながらテーマソングを聞き、映画の余韻に浸りたいという男性は多いのです。本編が終わって早々に立ち上がってしまうと「なんて趣のない女だろう」と思われてしまいますよ。

スタッフの名前ばかりで、つまらないかもしれませんが、立ち上がりたい気持ちをぐっと押さえて席に座っていましょう。ガサゴソと帰り支度をはじめるのもNGです。隣に座る彼は音楽と余韻を楽しんでいるはずなので、本編上映中と同じくらい静かにしていましょう。

最近の映画はエンドロールも終わり、最後の最後にオマケの映像が流れることも多いので、劇場が明るくなるまで座っていることをお勧めします。

 
3:終わった後に“苦い表情”を浮かべない!
「上映後、自分が“面白かったなぁ”と思っているのに、隣の彼女が苦い表情を浮かべていたらガッカリしますね。その映画が面白くなかったとしても、観終った直後くらいは不満そうな顔みせてほしくないです」(Cくん、27歳/会社員)
とりあえず「面白かったね」と言うべし
映画の感想は人それぞれです。彼と一緒に観た映画が、ハズレ映画だったとしても、上映終了直後、シアターが明るくなった瞬間から“苦い表情”を浮かべてはいけません。

女性が不満そうな顔をしていると、男性はすぐに「あぁ、映画つまらなかったんだな」と理解します。どんなにつまらない映画だったとしても劇場を出て早々に「つまらなかったね」と言うのも避けましょう。

彼がその映画を気に入った可能性もありますし、とりあえず鑑賞後の第一声は「面白かったね」と言っておくのがベターです。

彼女が映画を見終わった後に冷めた表情を浮かべていると、男性は「今日のデートは失敗したかな」と落ち込んでしまいます。そんな悲しい事態に陥らないためにも、嘘でもいいので「面白かったね」と言ってあげましょう。

 

いかがでしたか?

失敗が少ないと言われる映画デートですが、これらの点に気をつけておかないと、せっかくのデートが台無しです。油断せずに、映画館では“品のある女性”を演じてくださいね。

 

関連記事(外部サイト)