彼とドキドキできちゃうよ〜!少しだけマニアックなホラー映画?3選

彼とドキドキできちゃうよ〜!少しだけマニアックなホラー映画?3選

記事画像

みなさんは恐怖の「ドキドキ」を脳が恋の「ドキドキ」と勘違いしてしまう「恋の吊り橋理論」をご存知ですか? 今回は「恋の吊り橋理論」を利用して彼ともっとラブラブになるべく、ホラー映画の企画を手がけたことのある筆者が、彼と観るべき!ホラー映画を3つご紹介。誰もが知っている有名作品だと面白くないので、少しマニアックなのをね……。

「恋の吊り橋効果」を利用して「ホラー映画」で彼をドキドキさせちゃおう!
みなさんはドキドキしているシチュエーションで一緒にいた異性を好きになったことはありませんか?

例えばジムのインストラクターやジェットコースターで隣になった男子など、心拍数が上がった状態のときに出会う男子にドキドキしてしまったということは日常生活でもよくあることです。

後日通常モードの自分に戻ったときに「あれ? 思ってたよりかっこよくない?」なんてこともありますが、「きっかけ」としては非常に効果的。

勘違いの「ドキドキ」がきっかけで本当の恋に変わることだってあるはず。ホラー映画は手っ取り早くドキドキできる方法です。

とはいえ有名なホラー映画だとネタばれしていたり、オチが分かっていて盛り上がりに欠けることもしばしば。

というわけで! 今回はややマニアックなホラー映画を紹介します。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
(1)ブレア・ウィッチ・プロジェクト(1999年/アメリカ)
1999年に公開された『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』はかなりの低予算で作られていますが、だからこそ出せる「リアリティー」が「フィクション」なのか「ノンフィクション」なのか最後までわからないという恐怖を演出してくれます。

「えっ、これ、本当に映画?」と思ってしまうようなストーリー展開と斬新なカメラワークによりほかのホラー映画では味わえない「リアリティー」が味わえます。
彼と観るべき理由:映画じゃなくてお化け屋敷のような感覚を味わえる!
主人公がカメラを回しながら取材をするという内容のため、自分自身がその映像の中に入り込んだような錯覚に陥ります。

この手の映画はほかに『パラノーマル・アクティビティ』などが挙げられますが、あたかも彼とその世界に入り込んだようなカメラワークはまさに映画ではなく「リアル」。

思わず彼の手を握ってしまうほど「彼とドキドキを共有している」という感覚が生まれやすい映画です。

 
(2)口裂け女2(2008年/日本)
ザ・ジャパニーズホラーの『口裂け女2』。

筆者が個人的に一番怖いなと感じた日本映画でもあります。

「いやいや今更口裂け女かよ……」という感じがしますが、こちらのストーリーは一人の少女が口裂け女になっていくまでの物語を描いています。

口裂け女という言葉を知っていても、ただの都市伝説だと思ってしまうかもしれませんが、こちらは実話に基づいて作られた作品だそう。

社会現象にまでなった口裂け女が誕生するまでがゆっくりと丁寧に描かれています。
彼と観るべき理由:じわじわ迫る恐怖感を共有
こちらはホラー映画によくある急に出てきて「バン!」「キャー!」という展開が少ないのが特徴。

そのため、心拍数が急激に上がるような展開は他のホラー映画に比べて比較的少なく、そういう展開が苦手なカップルにおススメです。

じわじわと迫る恐怖に気づいたら彼との距離が縮まっていた、ということがあるかもしれません。

また出演者を観て「え? これって●●の若いころ?」みたいな話で盛り上がれそうなキャスト陣が揃っています。

とてものどかな田舎で撮影されたため、特に田舎から上京してきた、もしくは映画のロケ地のような場所に住んでいるという方は「事件の起こらなさそうなのどかな田舎の実話」になおさら恐怖を覚えること間違いなしです。

 
(3)エスター(2009/アメリカ)
これは比較的最近の映画なので知っている人も多いのではないでしょうか?

アメリカ映画は非常に怖いものが多いですが、この『エスター』はその中でも特に背筋の凍る「恐怖感」を味わえます。

少し「謎解き」のように「エスター」という少女の正体を想像しながら鑑賞できるのも特徴。
彼と「もしかして●●なのかな……」なんて少し会話を入れながら観るといいかもしれません。
彼と観るべき理由:ハッピーエンド…?「俺たちは素敵な家庭築こうな…」
完全にハッピーエンドかといわれればそうは言い切れないものの、「主人公にとってはハッピーエンド」なのかな?と捉えられる結末を迎えますが、最後の最後まで恐怖は残ります。

さらに夫婦と見た目は愛らしい子どもが出てくる映画でもあるので「俺たちはさ、結婚して素敵な子どもを授かろうな……」なんて話が出てくるかもしれません。

 

どうでしたか?

少しだけマニアックなホラー映画をご紹介しました。

この夏「恋の吊り橋効果」を利用して思いっきり彼と「ドキドキ」しちゃいましょう。

 

関連記事(外部サイト)