潔癖症すぎ!? 「他人が握ったおにぎり食べられない」男子の割合は●割

潔癖症すぎ!? 「他人が握ったおにぎり食べられない」男子の割合は●割

記事画像

お天気がいい日は、お弁当を作ってまったりピクニックデートもいいですね。ところが、せっかくあなたが愛情をこめて握ったおにぎりにカレが全く手をつけようとしない……。もしかすると、カレは“他人が握ったおにぎりが食べられない症候群”かも!? 『Menjoy!』が実施した独自調査をもとに、その実態をお届けします。

「“他人が握ったおにぎり”食べられますか?」
『Menjoy!』では20代〜40代の独身男性500人に上記の質問をぶつけてみました。

はたして、その結果はというと……!?

・他人が握ったおにぎりに基本的に抵抗はない・・・109人(51.9%)

・他人が握ったものに抵抗はあるが、カノジョの握ったおにぎりは食べたい・・・49人(23.3%)

・お店の売り物以外の、他人が握ったおにぎりは食べたくない・・・52人(24.8%)

“他人が握ったおにぎり”に抵抗はないという男性はおよそ半数。

そして、およそ4人に1人は、お店の売り物以外のおにぎりは、たとえカノジョが握ったものであっても一切受け付けないことが明らかに……!

ちなみに、筆者(女性)は、他人の握ったおにぎりは平気。おうちであれば(土足で歩く範囲でなければ)床に落ちたものでも、食べようと思ったら食べられます。

「正直、潔癖症男子多すぎなんじゃ……」と思ってしまったのは、そんな無神経な筆者だけでしょうか!?

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
“他人が握ったおにぎりが苦手”な男子たちの思惑
他人が握ったおにぎりが苦手……という人のなかでも、“カノジョが作ったものならOK”というタイプと、“誰が作ったものでもダメなものはダメ!”という原理主義者にわかれるようです。両者のコメントをチェックしてみましょう。
(1)カノジョが作ったものはOK
「衛生上の問題が気になる為、彼女なら安心できるからです」

「やっぱり愛する人の手料理は食べたい」

「食べなかったら根にもつ」

基本的に、“他人が握ったもの”に対して抵抗感、不信感はあるものの、愛するカノジョの手作りならば……という派閥です。

ちょっと潔癖症ぎみのカレがあなたの握ったおにぎりを食べてくれるとしたら、カレの愛は本物かも!?
(2)お店の売り物以外は断固NG!
「お店ならば衛生面がしっかりしていると思うから」

「化粧、香水、ハンドクリームなどの匂いが付く事が有るから」

「絶対に混ざってしまうだろう汗などの分泌物に拒否感がある。汚いし、唾も飛んでいそう」

潔癖症というか感受性が豊かというか、とにかく衛生面に不安があったり、さまざまなことを想像してしまったりして、他人の握ったおにぎりを受け付けないようです。

 
“他人が握ったおにぎりが苦手”な意外な理由とは?

筆者の身近にいる“他人が握ったおにぎりが食べられない”男性2名に、さらに詳しく聞いてみました。まずは、友人の夫F氏談。

「子どもの頃、友達の家でお母さんがおにぎりを出してくれたんですが、その友達には小さい弟妹がいたんですね。

妹はまだオムツをつけている赤ちゃんでギャーギャー泣いていて、弟は風邪でもひいていたのか鼻水をたらしていました。

そのお母さん、すごく優しい感じの人だったんですが……。なんかその子たちの世話をしながらおにぎりを握ったのかと思うと、いろいろ分泌物、排泄物が混じっているような気がしたんですね。

無理やり口には運んだものの、絶妙な塩加減がよけいに気持ち悪かったです。それ以来、他人の握ったおにぎりは苦手です」

子どもの頃の体験がトラウマになっちゃったんですね。情景を想像すると、なんとなくわからないでもないですが……。
え、アレが苦手なの!?
お次は『Menjoy!』編集部のT氏のコメント。

「私は特に、“おにぎり”というものにピンポイントで抵抗があり、それ以外は、サンドイッチなど素手で触るものでも全く大丈夫なんです。

さらにちょっと特殊なのですが、子どもの頃、母親が作るおにぎりは、海苔を最後に自分で巻くように作ってくれていたんですよね。なので、ご飯の部分をいくら他人が触っていてもOKなんです。

あの、海苔がまかれてフニャフニャしてる状態で、さらに誰の手で触ったんだか分からないものに、ものすごい抵抗感があるんです。

濡れている海苔に不潔な印象があるのかもしれません。海水浴とかに行った時の、足で踏む砂浜に落ちている海藻を勝手にイメージしてる気がします」

えーーっ、ご飯そのものではなく、フニャフニャの“海苔”がダメ!? その発想はなかったです……。

 
“他人が握ったおにぎりが苦手”な男子への対処法
おふたりとも、どうやら子どもの頃のおにぎりのイメージが、大人になってからも強く影響しているもよう。

記憶を塗り替えることができない以上、こればかりは誰が悪いという問題ではありませんよね。

なので、あなたのカレが“他人が握ったおにぎりが食べられない”という場合、「私の手が汚いっていうの!?」などと責めないようにしましょう。

カレにおにぎりをごちそうしたいのであれば、にぎらないで作れる“おにぎらず”にする。あるいは、編集部T氏のようなケースもなきにしもあらずですから、海苔なし状態でだすなど工夫してみては?

関連記事(外部サイト)