自分は棚アゲ!? 同性が呆れる女子の「図々しい理想」…3位は年収

自分は棚アゲ!? 同性が呆れる女子の「図々しい理想」…3位は年収

記事画像

恋愛に対して、自分のことを棚に上げすぎた理想を掲げる女子って、どう思いますか? 理想が高すぎるのも勿論ですが、自分は努力せずに棚上げをして相手にだけ高いスペックを求めるのは、男性はもちろん、同性からも「図々しい!」と失笑を買ってしまいそう。今回は、『Menjoy!』が女子500名に“棚上げ女子”に対するホンネを聞いちゃいました!

3位:年収にまつわるアノ理想
今回は「あなたが“この子、自分のことを棚に上げて男性への理想が高すぎる”と呆れる女性の特徴に当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と、質問をしてみました。

その結果、23.8%が選び3位に選ばれてしまった“自分を棚上げした女子の図々しい理想”は……。
「自分は年収1,000万円未満なのに、年収1,000万円以上の男性にしか興味がない」
結婚相手の年収には手厳しい理想を掲げている女子も珍しくありません。

自分は仕事で大した成果もあげていないのに、「私は絶対に1,000万以上稼ぐ男子じゃないとねー。ムリだわー」なんて口走っている女子、いますよね。

そんな発言を繰り返す女子には、「そんなこと言ったって、自分の年収はかなり低いじゃん……」と、密かに呆れている人もいるのです。

なんともシビアですが、これも女子の心理ですよね。

もちろん、中には自分磨きや婚活パーティーに投資して、見事高収入男子をゲットする女子もいます。必ずしも年収が釣り合う必要はなく、やはり努力とのトレードオフなのですね。

【あきたらこの記事】「本命の子にだけ送る」ファーストLINEとは?(今週のMenjoy!)

 
2位:容姿にまつわるアノ理想
続いて、33.0%の女子が選び、2位になっている“図々しい理想”は、容姿にまつわるコチラでした。
「自分は絶世の美女でもないのに、イケメンにしか興味がない」
絶世の美女が「私との釣り合いを考えるなら、やっぱイケメンオンリーだよねー。子どもの顔にも影響しそうだし」などと言っていれば、「そうだよねー」と気持ちよく共感できるかもしれません。

しかし、中には「え?」と聞き返したくなってしまうパターンも……。

容姿だけが人間の価値ではないものの、ダイエットやセルフケアなど、努力で補える部分があるのも事実。そういった努力を怠りながら「やっぱりイケメンじゃないと」なんて言っちゃう女子には、およそ3人に1人の女子が「呆れる」と言っています。

つい「やっぱりイケメンがいいよね」などと言ってしまいがちですが、安易に口にするのは、意外に危険な理想でもあるようです。

 
1位:貞操にまつわるアノ理想
そして、1位になっている“図々しい理想”は、38.4%の女子が選んだコチラでした!
「自分は二股をかけていた経験があるくせに、浮気しない男性にしか興味がない」
「やっぱ、男子は誠実に限るよね〜。浮気とか絶対ムリ」と言う女子は決して少なくないものの、口にしている本人に二股の歴史があると「は!?」と呆れる女子も少なくないのです。

もちろん自分の失敗から学んだ故の発言という可能性もありますが、上から目線で「浮気する男とか、本当ムリだわ〜」なんて言っていると、「自分だってしていたくせに何様!?」と思われてしまうよう。

「自分のこと、棚に上げすぎでは……?」なんて呆れた眼差しを向けたことのある女子は40%近い割合になりました。

自分の黒歴史を知る女友達には、「私は、絶対に誠実な男子しか……ムリ!」なんて発言は、ほどほどにしたほうがよさそうですね。

 

以上、同性が「この子、自分のこと棚に上げて図々しい理想ばっかり言ってる!」と呆れてしまう女子の特徴をお伝えしました。

あなたの周囲にも、こんな“図々しい理想”を声高に叫んでいる女子に心当たりがありますか……?

呆れるばっかりじゃなくて、理想通りの出会いが叶うように密かに願ってあげるのも友情ですが、やっぱり呆れちゃうのもムリはないかも!?

 

関連記事(外部サイト)