彼女の部屋に猫ちゃんがいた!そのとき…「男が取った行動」とは

彼女の部屋に猫ちゃんがいた!そのとき…「男が取った行動」とは

記事画像

日頃のストレスを癒してくれる同居人。自分の部屋で猫を飼っている女性もいることでしょう。あなたに招かれた男性が、初めて訪れた女性の部屋でペットの猫を発見したならば……。ニャーとお出迎えしてくれた猫ちゃんに対して、男性はどのような行動を取るのでしょうか? 

1:とりあえず撫でる
「とりあえず撫でますね。まずは仲良くならないと……。警戒されて、攻撃でもされたら、一目散に女の子の部屋から逃げ出さないといけなくなりますから」(Aくん、25歳/銀行員)
怪しいものじゃありません!
猫ちゃんの中には警戒心が強い子も少なくありません。突然の来訪者に驚き、男性に向かって攻撃の姿勢を取る猫だっているんです。

女の子の部屋で、ゆっくり過ごそうと思ったのに、殺気立った猫ちゃんに見張られ、威嚇や攻撃を受けるようでは、男性も落ち着いていられません。とりあえず猫ちゃんに挨拶し、「怪しいものではない!」とアピールするAくんの行動は、正解かもしれませんね。

ただ、いきなり撫でるのは得策とはいえません。突然抱き上げるなんてもってのほか! まずは猫ちゃんのほうから近付いてくれるのを待ちましょう。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:すぐさま逃げる
「僕、アレルギー体質なので動物の毛とかダメなんですよ。くしゃみや鼻水が止まらなくなるので、猫がいたらそのままUターンして帰りますね(笑)」(Bくん、26歳/会社員)
くしゃみが止まらない!
昔からアレルギー体質で、動物が近くにいると鼻水やくしゃみが止まらなくなると言うBくん。子どもの頃、猫を飼っている友達の家に遊びに行った際、酷い症状が出てしまい、それ以降、猫との接触を避けているのだとか。

男性の中には、Bくんのように猫などの動物がダメな体質の人も少なくありません。せっかく、部屋に男性を招き入れたのに、彼がくしゃみを連発する羽目になったら可哀想ですよね。

彼を驚かせようと、猫ちゃんの存在を隠すのもよいですが、彼がアレルギー体質だと悲惨なことになるので、事前に「猫いるんだけど大丈夫?」と確認を取ったほうがよいかもしれません。

 
3:ケージに入れてもらう
「女の子に言って、猫をケージの中に入れてもらうでしょうね。女の子の部屋に行ったら、キスしたりイチャイチャしたりするでしょうから、そのときに部屋の中を猫がうろついていると落ち着かないんで……」(Cくん、26歳/会社員)
こっち見ないでよ!
男性を部屋に招き入れるということは、彼とイチャイチャしてもOKだと思っているからですよね。しかしそんなときも、猫ちゃんはしっかりと目撃しているのです。

動物とはいえ、自分たちがイチャイチャしている行為を見られたくないと思うCくんのような男性は少なくありません。見られたくないから、猫ちゃんをケージの中に入れてほしい……彼らはそう思っているんですね。

帰宅して、彼と一緒に猫としばらくじゃれあったら、可哀想ですが、猫ちゃんにはちょっと早めに自分のお部屋に入ってもらいましょう。

でも、普段ケージの中で過ごす癖がついていないと、突然閉じ込められて猫ちゃんが批難の鳴き声を上げることもあるかも……?

 

いかがでしたか?

可愛い可愛い猫ちゃんですが、彼氏を部屋に連れ込む際にはちょっとした配慮が必要です。

彼らの声を参考にして、彼にも猫ちゃんにも心地よい空間を作ってあげてくださいね。

 

関連記事(外部サイト)