過去の失恋に…ありがと!「痛い失恋」を経験しておくべき理由3つ

過去の失恋に…ありがと!「痛い失恋」を経験しておくべき理由3つ

記事画像

皆さん、失恋したときはどうなりますか? 失恋はときに人生を狂わせるほど苦しいもの……でも失恋を経験しなければ知ることができないことも多く存在します。失恋の経験を活かして、その後の人生をより深いものにすることもできるはず。今回は、海外に7年以上居住し、様々な国の恋愛事情を目撃してきた筆者が、積極的に失恋を経験しておくべき理由を3つご紹介します。

1:恋愛はきれいな感情だけじゃ成立しないとわかる
女性はやはりどこかでシンデレラのようなストーリーにあこがれているものです。

ばったり出会った王子様と一目で恋に落ち、周囲の人たちの助けを得て困難を乗り越え結婚……そんなドラマチックでハッピーエンドな恋愛を、誰もが一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。

しかし現実世界では、物語のようにきれいな部分だけを切り取った恋愛などありません。むしろそれでは、恋愛の醍醐味を全く味わえていないとも言えます。
今まで気づかなかった良い自分も悪い自分も知ることができる
本当にしんどい時こそ、人は本来の自分の姿を目の当たりにし、成長することができます。

自分に余裕があるときに誰かにやさしくするなんて誰にでもできること。精神的につらいときこそ、別の誰かを思いやることができるのかできないのか。

自分が本当はどういう人間なのかを知るにも、とても良い機会なのです。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:人にやさしくなれる
痛みを全く経験したことの無い人の恋愛アドバイスほど無用なものはありません。

痛みを知っている人だからこそ、その人の言葉が重みや意味を持つのです。大切な友人が傷ついたとき、一番近くで寄り添い、具体的に彼女の力になれるのは、他でもない、同じ痛みを経験し克服したあなたなのです。
だからこそ人の幸せも願うことができる
息もできないほどの苦しみを体験したことがある人は、同じようにその痛みを自分の大切な人が感じることを望まないでしょう。

痛みを知っているからこそ、他の人の幸せも願うことができる。誰かの幸せを心から願えるような女性なら、きっと次の恋愛はうまくいくはずです。

 
3:次の恋愛の成功率が高まる
筆者が一番大切だと思っているのが、これ。次の恋愛で失敗が活かせることです。

振られたという経験は次の恋愛の成功率を高めます。なぜなら、辛い感情の中ですでに本当の自分に出会い、また自分が本当に欲しいものに気が付けるからです。

無理をして彼に合わせていたって、幸せにはなれません。自分を知り、どういう相手とならうまくいくのかを知るためにも、失恋はとても大切なステップなのです。
こじらせないように要注意!
ただ、この辛い経験をこじらせてしまうと困ったことに。自分が傷つくのを恐れるあまり、素直さを失い殻に閉じこもってしまっては、次の恋愛のチャンスを無駄にしてしまいかねません。

失恋は誰だって経験するもの。失敗という経験から良い部分を吸収して、次のステップに進みましょう。

 

いかがでしたか?

恋愛と失恋は切っても切り離せないもの。傷みを負う可能性があるからこそ、思いが通じた時の喜びが素晴らしいものとなるのです。

失恋を恐れず、素敵な恋愛を楽しんで下さいね。

 

関連記事(外部サイト)