5位貧乳4位乳首の色…男が選ぶ「がっかりおっぱい」の特徴ランキング

5位貧乳4位乳首の色…男が選ぶ「がっかりおっぱい」の特徴ランキング

記事画像

男性が是が非でも拝みたいと切望するもの……それは麗しい女性の“おっぱい”。男性にとって、それほどおっぱいは価値あるものですが、ただ憧れや期待が大きすぎて、実際にカノジョの裸をついに見た瞬間、「えっ……」と失望してしまうこともあるようです。『Menjoy!』が実施した“がっかりおっぱい”についてのアンケート調査結果をお届けします。

第5位:貧乳である・・・100人(20.0%)
20代〜40代の男性500人に7つの選択肢を提示し、「女性のバストの“がっかりだな”と思う特徴を選んでください」とお願いしたところ、“貧乳”が第5位にランクイン。

貧乳にネガティブな男性が2割……はたしてこの数字を多いと見るべきか、少ないと見るべきか?

ただ、がっかりしてしまうのは、小ぶりなおっぱい自体が悪いのではなく、“着衣では大きく見えたのに、脱がすと貧弱だった”という詐欺っぷりにあるとも考えられます。

とすれば、“寄せて上げて”でおっぱいを盛りすぎるのは、ベッドインしたときのことを考えればあまり得策とはいえないかもしれませんね。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
第4位:乳輪・乳首の色が黒っぽい・・・131人(26.2%)
男子「女の子のバストトップはピンク色のはず」

……はぁ!? DTかよっ! AV見すぎかよっ! 女子からすればツっこみたくなりますが、“乳輪・乳首の色が黒っぽい”が第4位です。

セクシー女優さんたちのバストって女性が見ても惚れ惚れするくらい美しいですよね。正直あれを基準にされて勝手にガッカリされても困ってしまいますが……。

「もしかして私のバストトップ黒ずんでいる?」と気になるかたは、カレと初めてベッドインする際には、お部屋の照明を暗めにしておくといいかもしれませんね。

 
第3位:バストが垂れている・・・141人(28.2%)
いよいよトップ3ですが、まずは“バストが垂れている”。加齢とともに重力に逆らえなくなるのは致し方ないことではありますが、ツンと上向きのバストに憧れている男子が多いみたいですね。

ちなみに、バストの形が崩れるのは、自分に合わないサイズのブラジャーを着用していることも一因のようです。

「私はずっとこのサイズだから」と、あまり深く考えずに通販などで購入している人は、専門店できちんと試着して選ぶようにしましょう。

その際、店員さんに“正しい着け方”のレクチャーも受けることもオススメします。

 
第2位:乳輪にムダ毛が生えている・・・149人(29.8%)
3割近い得票率で2位に選ばれたのは、“乳輪にムダ毛が生えている”。

カノジョのおっぱいを愛撫しようと顔を近づけたらムダ毛がにょろ〜ん。……これはたしかに男性を萎えさせるかもしれませんね。ムダ毛憎しというより、大切な日にケアを怠ったカノジョのズボラさに怒りを覚えるという男性もいることでしょう。

ちなみに、姉妹サイト『美レンジャー』の過去記事によれば、バストトップはデリケートな部分なので、毛抜きや脱毛剤で処理するのはNGとのこと。

同記事では、自宅で処理する場合は、シェービングクリームを使用し、肌にやさしいカミソリで行うようにアドバイスしています。

第5位〜第3位までと違って、自分がちょっと注意すれば回避できる“ガッカリ”なので、きちんとケアするようにしましょう。

 
第1位:乳輪が大きすぎる・・・152人(30.4%)

そして、“がっかりおっぱい”の第1位に選ばれたのは、“乳輪が大きすぎる”!

男子のこだわりは大きさよりも形よりも“乳輪”にあるのですね。バストのなかでも、最後の最後に見せる部位だからでしょうか?

どれくらいの大きさがNGなのか、判断基準は微妙……。

バストサイズとのかねあいもあるので、一概に“何cm以上がデカ乳輪”と線引きすることはできません。また、「乳輪が大きいほうがエロい」と感じる男性だっています。

この“乳輪のサイズ”問題は対処が非常に悩ましいところですね。

裸で鏡の前に立ってみて「なんか乳輪のバランスが悪いような……」と気になるのあれば、第4位でもお伝えしたように、“部屋の照明を暗くする”ことで乗り切るのがいいかもしれません。

 
その他こんな意見も……!?
参考までに、6位以下の結果も見てみましょう。

・第6位:感度が悪い・・・67人(13.4%)

・第7位:左右のバストが離れすぎている・・・55人(11.0%)

そして、そして……女子のみなさんに朗報! 今回のアンケートでは7つの選択肢から“がっかり”な特徴を選んでもらいましたが、なんと84人(16.8%)の殿方が“いずれもがっかりではない”を選んでくれたのです。ブラボー!

 

どんな大きさ、形、色であってもおっぱいはおっぱい。特に、大好きなカノジョのものであれば、少々の難点があっても気にならない。むしろそこが愛おしい……という男性も少なくないのかもしれません。

正しくブラジャーを着ける、ムダ毛を処理するなど、最低限のケアは必要ですが、あまり小さなことにクヨクヨせず胸を張って生きていきたいものですね。

 

 

関連記事(外部サイト)