「元彼が忘れられない…」失恋後つらすぎる未練に打ち勝つ方法3つ

「元彼が忘れられない…」失恋後つらすぎる未練に打ち勝つ方法3つ

記事画像

恋は時に一瞬で過去となります。どれだけ、お互い想い合っていても、はかない恋愛の行方はいつだって残酷です。それでも、記憶だけはいつまでも綺麗なままで彼を想う気持ちは大きくなるばかり。そのせいで、仕事も身に入らないし、新しい恋愛にも進めない……。それでもいつかは、乗り越えなくてはなりません。今回は、そんな状況に打ち勝つ方法をご紹介します。

1:彼よりも、好きなことを見つける
恋に夢中な女の子は、ケーキよりも、ずっと欲しかったバッグよりも、彼が好き。もう他に欲しいものは何もありません。だから余計に彼を失った喪失感は大きく感じてしまいます。

何を食べても味を感じなかったり、物欲すらなくなったり。これまで、「可愛いッ!」と思っていたものに対しても感情を抱かなくなってしまう程のはかりしれない悲しみ。

しかし、悲しみは彼との別れだけで十分ですね。日常の中でのときめきまで失うことほど、悲しく、孤独なことはありません。

もちろん、彼に変わるものをすぐ探すのは大変なこと。何か心の隙間を埋めるものを探すのではなく、これまで通り好きなものや惹かれるものに素直になってみてください。

心のときめきは新しい光を導いてくれます。必ず、時間の経過とともに彼よりも好きなことと出会えますよ。

【新登場】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:ひとりでも楽しむ力をつける
好きな人と見る景色は、何もかもが綺麗に見えますよね。隣に、彼がいるだけで世界が変わったと思える人もいるのではないでしょうか。しかし、彼がいなくなったら、同時に世界も終わり……なんてのは物語の中だけにしておきたいところです。

別れてすぐの頃は、友達と遊んでも、好きな映画を観ても上の空で心から楽しめない。挙げ句の果てには、ひとりになると彼を思い出してしんみりしてしまうのも仕方ありません。

だからといって、願えば彼とまた今までどおり一緒にいられる訳でもない場合は、やっぱり自分の力で楽しむ努力をしてみる必要があります。

楽しさは、自分でつくるもの。すぐに明日からスーパー楽しい日々になるなんてこともないし、何かを変えることは容易なことではありませんが、その意識と努力の積み重ねは確実に変化をもたらしてくれます。

 
3:自分を磨く
失恋からの立ち直り法として、これまで彼に費やしてきた時間と労力を全部自分に使うというものがあります。自分のために、何ができるでしょうか?

まずは趣味を磨くのもありです。半身浴を毎日1時間して、食事にはこだわって、ジムに行く美容生活だって自分のためになりますね。乗馬やゴルフ、やってみたかったけどなかなか手をつけられなかったことに踏み出すのもいい刺激になります。

そうやって、いろんなことに一歩踏み出してみると、自分のスキルは磨かれ、みるみるうちに活気にあふれてきます。

最初は自分にしかわからないことでも、時間とともにそれは自分の魅力となり周囲は確実に気づきます。今は、焦らず、のんびり自分を見つめ直すいい機会なのです。彼を責め立てる時間なんて、ありません。

 

いかがでしたか?

失恋をすると、彼を見返したいという衝動に駆られるケースも多いかと思います。しかし、結局は自分との戦いになります。自分に勝てるか、それが最も大きな壁なのかもしれませんね。

 

関連記事(外部サイト)