「二番目に好きな人と結婚すべき?」結婚と恋愛の大きな違い2つ

「二番目に好きな人と結婚すべき?」結婚と恋愛の大きな違い2つ

記事画像

一番好きな人と付き合って結婚できればベストですが、世の中そんなに甘くはありません。なぜか一番好きな人との恋は報われず、正式に付き合うことなくいつもセフレ止まり。そんなひとは多いのでは? 今回は恋愛と結婚について考えましょう。幸せな家庭を築いた筆者の周りの主婦たちに「結婚と恋愛の違い」について聞き、筆者が至った結論をまとめてみました。

1:安定が結婚、刺激が恋愛
よく言われる話ですが「安定が結婚、刺激が恋愛」これは結婚して改めて大切なことだと感じている主婦は多いです。

安定というのがここでは、精神面の安定、金銭面の安定の2つになります。
精神面の安定
精神面の安定というのは分かりやすく言うと結婚に選ぶ相手は“二番目”に好きな人であること。何故二番目か? 好きで好きでたまらないこの世で一番好きな人と結婚すると、結婚してからも彼の行動が気になって仕方がないでしょう。

彼の帰りが遅くて不安な毎日。これでは精神的な安定とは程遠く、いつかストレスで体調を崩してしまいます。

しかし二番目に好きな人なら、彼のことはもちろん好きだけれどそこまで不安になることもないでしょう。
金銭面の安定
また、金銭面の安定。これは例えば、どれだけかっこいいバンドマンでも売れていなければ収入はなし。いつ売れるか分からないバンドマンと結婚するよりも将来生まれてくる子供のことを考えれば、ちゃんとした収入がある人を選ぶべきです。

恋愛ならば誰を好きになっても構いません、それが恋愛。しかし結婚となると求めるものは違ってくるでしょう。

当たり前ですが、やはり「好き」という気持ちだけでは、どうしようもないのが結婚というもの。

結婚という状況になれば、愛情と安定の相関性が出てきます。安定を与えてもらえないことで、愛情に疑いが産まれるようになるのです。

【注目の記事】LINE・キス特集「好きでもI Love You?」

 
2:家族になるということ、他人で終わる関係
結婚するということは相手と家族になるということ。恋愛なんて所詮ただの他人。家族として相手を見ることができるか、それが無理なら結婚はできません。

小さいころ、母親に怒られたことを今、根に持っているひとはいないかと思います。けれど、一度大喧嘩した友達のことを今だに恨んでいる人は多いのではないでしょうか。

相手を許せるか許せないか、これは喧嘩した相手が家族だから他人だからということが大きく関わります。
借金を作っても、浮気をしても許せるか?
結婚するということは、家族だから許せるという包容力を他人である相手にもたなくてはなりません。

結婚相手も人間です、時に間違えて悪事を働くこともあるでしょう。旦那が借金を作ってもそれを許し、一緒に返していかなければならない。旦那が浮気しようものならその浮気を許し、夫婦で話し合って乗り越えなければならないのです。

あなたが今付き合っている恋人がもし借金を作っても、浮気をしても、あなたは許せますか?

許せないのなら、あなたはまだそのひとと家族にはなれないでしょう。

彼を許すためには彼の悪事に値する以上の素晴らしい一面を見つけなければなりません。それが見つけられないから許せないのです。

そして、彼を許せる包容力をもったときが、彼と結婚を考えるときと言ってもいいでしょう。このように結婚はタイミング。タイミングを間違うと上手くいかないのです。

 

どうでしたか? 結婚と恋愛は全く違います。あなたが一番好きな人があなたを幸せにしてくれるかは分かりません。

本当に結婚して幸せになりたいのなら上の意見を参考にしてみてください。

 

関連記事(外部サイト)